褒めすぎも子供によくない!上手な褒め方のコツ

子供を褒める母

子供は褒めて育てるといい。そんな言葉をよく耳にしますが、必要以上に褒めて育てすぎるのも教育によくないと問題になっているのをご存知ですか?

叱りつけて、押さえつけながら子育てをするのはよくないのは有名ですが、褒めすぎると悪影響になるというのはいったいどういうことでしょうか?

今回は過剰に褒めすぎる子育てが及ぼす危険性と上手な褒め方とコツをご紹介します。

スポンサーリンク

褒められないと何もやらない子供になる

褒められると、誇らしい気持ちになってもっと褒められたいと思うようになる。そんな気持ち大人でもよくわかりますよね?

誰かに褒められると得意げになりますし、もっと褒めてもらおうといろいろなことに挑戦したくなるのではないでしょうか?

そんな人間の心理を利用して子供をことあるごとに褒めてやる気を出させようと頑張っているママさんも多いはずです。しかし、あまりにも褒めすぎると、子供は誰かに褒められるタイミングでしかいいことをしなくなってしまうのです。

褒めてくれるような大人がいるときはいい子でいるが、子供だけになったら急にいじめっこになる。今までは散らかったままで遊んでいたのに、大人が来たら急に片づけを始める。大人がみていなかったらそのままなのに、大人が見ているときだけゴミを拾うなどいいことをする。

そんな、褒めてくれるような人がいないときはいいことをしない裏表のある子供に成長してしまったら、親としては心配になりますよね。

そんな裏表のあるような子供に成長させなうための対処法としては子供に「大人が見ていないところでいいことをした」ことを聞いてみるようにしましょう。

聞いてみて、もしいいことをしているようなら思いっきり褒めてあげましょう。大人が見ていようと見ていなかろうといいことは常にしてこそ意味があるということを教えてあげましょう。

褒められたいがためにわざと問題を起こす

例えば、親に褒められたいからわざとお部屋を汚して片付けるところを見せる、わざと年下の子を泣かせてあやすところを大人に見せて褒めてもらう。

スポンサーリンク