言うことを聞かない子供にうんざり…。言うことを聞かせる方法

喧嘩する親子

言うことを聞かない子供にうんざりしている。そんなママも少なくないでしょうが、実際にみんなはどうやって子供にいうことを聞いてもらっているのでしょうか?叱り飛ばしている?脅している?そんな子育てでは子供が委縮してしまい、伸び伸びと育てることができません。

かといって、子供の思うとおりにやらせ続けたらいつまでたっても物事が前に進みません。そんな子供がいうことを聞かないことにお悩みの方のために今回は子供がいうことを聞くようになるコツをご紹介します。

少し言い方を変えるだけで子供が言うことを聞いてくれるようになるかもしれません。ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

「○○したらダメ」「○○しなさい」と命令しない

子供が言うことを聞かないとお悩みのママさん、子供に何かをしてもらおうとするとき偉そうな命令口調になっていませんか?

子供が何かしたいというたびに「ダメ」。何かをしてほしいときは「○○しなさい!」と、子供に命令するような言い方になっている人はまず言い方を直してみましょう。というのも、子供は誰かに命令をされるとそれに反抗したくなるものです。

特に嫌だと思っていなくても、ママに強制的に「○○しなさい」といわれてしまったら思わず「イヤ!」と反射的に反抗してしまいます。

では子供に何かをしてほしいときや、いうことを聴いて欲しい時はどのような言い方をするかというと「○○してくれると助かるな」「○○してほしくないな」とお願いしてみましょう。大好きなママにお願いをされたら子供も「うん」といわざるをえないはずです。

「でも○○はしたくない」といってくるならば、なぜそれがイヤなのかじっくりとと理由を聞いてみましょう。親でも気づかなかった思いがけない問題が発覚するかもしれません。

スポンサーリンク