育休後の会社復帰!肩身の狭さを乗り切る上手な方法

指をさされる女

子供も無事に保育園に預けることができていよいよ育休明けの会社復帰!これからたくさん働くぞと意気込むママの気持ちとは裏腹に、保育園からの呼び出し、子供が熱を出したことによる欠勤、久しぶりの仕事に戸惑い滞る仕事、周囲の目の冷たさ。そんな生活に疲れて生きづらさを感じていませんか?

働きたい気持ちはあるけど、子供がいると思うように進まない、同僚にも気を遣うのが疲れた。もう会社やめようかな?

そんな気持ちになっているママのために今回は育休後の肩身の狭さを乗り切る上手な方法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

いつも笑顔を絶やさない

肩身の狭い思いをして、精神的にもつらいかもしれませんがそんな時こそ落ち込んだりせずに笑顔を絶やさないように心がけましょう。もちろん、ヘラヘラしろということではありません。

何かイヤな仕事を振られても笑顔で対応する。注意をされても笑顔で元気に、かつ、素直に聞く。とにかく同僚に下手に出るようにしておきましょう。

そうすれば、子供のことで早退や欠勤をするときも、「まぁ、仕方ないか」と印象が比較的悪くなく乗り切ることができます。

小さな子供がいて働く場合、様々な言葉で中傷されるかもしれませんが子供のためにグッとこらえて笑顔で対応するのを忘れないようにしましょう。そうすることが会社で上手に過ごせる有効な方法なのです。

ふられた仕事はできるだけこなす

誰もが嫌がるような面倒な仕事や、面倒な役割はできるなら率先してやるようにしましょう。普段仕事を休んだり、急に早退することが多い小さい子供を持つママですから周囲に仕事のことで迷惑をかけていることもあるでしょう。

その罪滅ぼしともいいますか、とにかく誰もが嫌がるような雑用や面倒そうな事務仕事はできる限り引き受けるようにしておけば周囲の人間も「小さい子供がいるのに頑張っている」と一目置いてくれるようになるはずです。

スポンサーリンク