育休後の転職はあり?産休明けに仕事を転職するメリットとデメリット

ネットをするママ

育休明けに仕事復帰をしてみたものの、勤務時間や通勤時間、さらに社風などがどうしても子育てをするママには合わずにつらい思いをしている方もいらっしゃるでしょう。

育休が明けたばかりで申し訳ないけど、今の職場では働き続けるのは難しい。せっかくなら転職をしようか?そんなことを考えているママも多いでしょう。そんな転職を検討しているママのために今回は、育休後に転職をするメリットとデメリットをご紹介します。

スポンサーリンク

子育てに理解のない職場の危険性

現在の職場にどのような不満があるのかは人それぞれでしょうが、少なくとも産休、育休を取って職場に復帰ができるくらいの最低限の理解はある会社に勤めていらっしゃると思いますが転職をした場合、今の職場のように子育てをするママに対して最低限のことを守れる職場ではない危険性も考える必要があります。

もちろん、企業としては「産休、育休は取らせません!」なんてことは今の時代では言わないでしょうし、仮に働いている時に保育園から呼び出されて早退をする場合も引き留めるようなことはしないはずです。

しかし、それは建前で本当は、しょっちゅう欠勤と早退を繰り返すワーママにきつく当たる人や、給料を天引きする会社、さらには上司や同僚から嫌味を言われるような職場にあたってしまうかもしれません。

面接では「ママ大歓迎です!」と言っていても実際は蓋をあけないとわからないのが転職の怖い所ですね。もちろん、転職をすることで今よりも条件のいい会社にうつれるメリットはありますが、見知った人のいない職場に行く危険性も十分に考慮して検討をしましょう。

募集条件と実際の業務形態が違う

「夕方17時まで」「有給休暇、年末年始、夏季休暇あり」「比較的自由の利く会社」「子育てママも働いています」そんな募集要項に飛びついてしまう、ママも多いでしょうが、実際に転職をして働きだしてみると「業務は17時までだが残業は当たり前」「休みはあるが休日出勤をしなければならない」「時間の融通は利くが言える雰囲気ではない」と、全く違った業務形態に驚いてしまったという話も耳にします。

スポンサーリンク