育児は観察が大切?育児に悩んだ時に考えを変える方法

悩むママ

育児をしていたら悩んだり落ち込んだりと様々な壁にぶつかるでしょう。そんな育児の中で、「子供を立派に育てることができるのか?」「子供に社会性を学ばせることができるのか?」「子供をちゃんとした大人にすることができるのか?」と不安になっているママも多いでしょう。

特に自分に自信のないママならば「こんな私が子供に何かを教えることなんてできるのか?」と不安になっているのではないでしょうか?そんなママは子供を育てると思わずに、子供を観察するという考えを持ってみてはいかがでしょう?

今回は子供を育てるということに不安を覚えているママにお伝えしたい子供を観察するという考え方についてご紹介します。

スポンサーリンク

子供は放っておいても育つ

子供を一生懸命育てているママたち、毎日ご飯のお世話や、身の回りのお世話、さらにメンタル面のフォロー、性格面の改善、教育と子供のために頭を悩ませながらも必死に子育てをしているでしょう。

しかし、ここで一つ考えてほしいのは、子供は放っておいても勝手に育つということです。もちろんご飯のお世話や身の回りの世話をしなければいけないのは間違いないのですが、好き嫌いがあってもほかの物を食べているのであれば成長しますし、夜遅くまで寝ないとしても眠くなれば勝手に寝ますよね。

トイレトレーニングがうまくいかないといっても、大人になるまでおむつで過ごす人間はいませんし、お箸が使えないからと悩んでいても大人になった時、お箸を使えない人間はいません。

さらに言葉を話すのが遅いと悩んでいても、いつまでも言葉を発しない人間はいないはずです。そう、子供は放っておいても自然と大きくなりますし、今はそのことが周りの子と比べてできなかったり遅かったりしても、大人になるまでにはできるようになります。

スポンサーリンク