泣きたい時は泣こう!子育てママが泣くと得られるメリット

泣くママ

子育てがうまくいかなかったり、子供のことで夫と衝突したり、子供の心無い言葉だったりと、子育てをしている時は泣きたくなるようなことがたくさんあります。

でも子供にとって強い存在でいないといけないママにとって、子供の前で泣くのは気が引けますよね。実際にどんなことがあっても絶対に泣かないで我慢をするママも多いはずです。

しかし、どうしてもイライラしてしまったり、悲しくなったりしたとき思い切って泣いてしまうのもいい効果があるのです。今回は泣くと得られるメリットをご紹介しましょう!

スポンサーリンク

イライラやストレスを発散できる

子育てをしているとどうしても、子供に対してストレスがたまってしまいます。

そのストレスの原因であるイライラをどう発散すればいいのか、それがわからずにため込んでしまうと体調を崩す原因になったり、子供につらくあたってしまったり、手をあげてしまうという事態を引き起こしてしまい、余計にストレスをため込んでしまうのと同時に自己嫌悪に陥る原因となるのです。

そんなイライラを発散させる方法としておすすめしたいのが、「思いっきり泣く」ことです。人間は涙を流すことでストレスを発散させる効果を得られるだけではなく自分の感情を表に出しやすくなります。

もし声を荒げて子供を怒鳴りつけてしまいそうになったり、手をあげてしまいそうになったら、我慢をせずに思いっきり泣いてストレスを発散してみてはいかがでしょうか?

子供の行動や言動に罪悪感を持たせる

ある程度の年齢になってきた子供は、社会性を身につける必要があります。そんな教育の一環として子供に泣くところを見せるのはとても有効だと話す専門家も一部います。

子供の発言や言葉に傷ついたことを、泣く姿を見せることで「親を泣かせるようなひどいことをした」という罪悪感を抱かせ、本当にしてはいけないことと教えることができるというのです。

スポンサーリンク