子供にイライラするのはママの子供時代のトラウマのせい?トラウマを克服する方法

イライラする女

子供の行動や言動にイライラしてしまうママは多いですが、その理由は子供がいうことを聞かない、思い通りに進まないという理由だけではなく「ママの子供時代のトラウマ」が原因となってしまっている可能性もあります。

今回はママの子供時代のトラウマによってイライラしてしまうママの特徴とその対処法をご紹介します。

スポンサーリンク

子供時代とてもいい子だった

優等生、聞き分けのいい子、手のかからない子。そのような子供時代を送っていたママは、自分を押し殺していい子でいることを親から強制させて育っていたのかもしれません。

反抗をしたら捨てられる、いい子じゃなかったら嫌われる、そんな恐怖心から常にいい子でいようと必死に生きていたのでしょう。子供らしい子供じゃなかったといわれていたのではないでしょうか?

そんな子供がママになった場合、子供時代にいい子でいる事が当たり前になっているので子供が聞き分けのない子供だったり、イタズラをするやんちゃな子供だった場合「なんでそんなことをするの!?私の子供時代はそんなことできなかったのに!」という気持ちになってしまうのです。

もちろん、そんなことは子供には関係ないとわかっていても、どうしても昔の自分ならできていた!自分はそんなことをしなかった!と思ってしまうのです。

そんないい子であり続ける子供時代を送っていたママがいうことを聞かない子供にイライラする場合の対処法は、子供は余計なことをするものだと理解することから始めましょう。

子供は悪いことをして怒られて成長していきます。もちろん、悪いことをすれば叱らないといけませんが、自分の子供時代と比べてしまってはいけません。子供は悪いことや余計なこと、間違ったことをして大きくなるというのを理解する努力をしましょう。

子供時代友達と仲良くしなければいけないと言われ続けた

子供時代に親から「友達とは仲良くしなさい」「友達に嫌われてはいけない」と言い聞かされて育ったママは他人から嫌われることを非常に恐れる傾向にあります。

スポンサーリンク