上の子を兄弟の面倒をしっかり見る子供に育てるには?

兄弟

2人目、3人目と子供が生まれてくると、お母さんの負担は増えていきます。そんな時頼りにしたいのが上の子ですよね。

面倒見のいい子供に育てたいと思っている人は少なくないはずです。しっかりと下の子の面倒を見てくれる良いお兄さんお姉さんになってくれるような子供に育てるための接し方について紹介していきます。

スポンサーリンク

上の子への接し方1.やらせてあげる

上の子への接し方1つ目は、お手伝いをやらせてあげるということです。きっと赤ちゃんが生まれて、上の子は興味津々なはずです。

まずは一緒に赤ちゃんのお世話をしてみましょう。下の子に付きっ切りになっているお母さんのそばを離れないはずですから、それを利用して何かをお願いしてみましょう。

まずは何か必要なものを持ってきてもらったり、哺乳瓶で一緒にミルクを飲ませてあげたりすることです。簡単なことから一緒にやらせてあげることによって、積極的に自分から面倒を見るようになってくるはずです。

子供がやりたい!と言ってきたら、出来る範囲のことをやらせてあげることで自分はお姉さんお兄さんになったという実感を持てるはずです。

上の子への接し方2.褒めてあげる

上の子への接し方の2つ目は、とにかく褒めてあげるということです。小さなことでも赤ちゃんのお世話を手伝ってくれたら、十分に褒めてあげるようにしましょう。

どうしても赤ちゃんが生まれると、愛情を感じにくくなっている可能性がありますが、お手伝いをしてくれたということに対してしっかりと感謝してあげることで愛情を感じ取ることができます。

子供はお母さんに褒められることをとても喜びます。子供なりに今は赤ちゃんのお世話で忙しいということがわかっているので、お母さんの役に立てたと感じることができれば、積極的に面倒を見るようになっていきます。

上の子への接し方3.必ず甘えさせてあげる

上の子への接し方の3つ目は、必ず甘えさせてあげるということです。どうしても生まれたばかりの赤ちゃんがいると、上の子を構う余裕がなくなってしまいますよね。そして、親としても上の子は少しくらい構わなくてもわかってくれるはず、と思い込んでしまいがちです。

スポンサーリンク