子供とペットの関係性とは?小さい頃から一緒にいるメリット

女の子と犬

ペットブームが到来し、何か飼おうか迷っている人やすでに飼っているという人も多いのではないでしょうか?子供がいる環境でペットを飼うということは、いいこともあれば悪いこともあるようです。

子供とペットの関係性は一体どのようなものなのでしょうか?またペットを飼う場合の注意点についても紹介していきます。

スポンサーリンク

ペットと子供の関係性1.コミュニケーションを高める

ペットと子供の関係性の1つ目は、コミュニケーションを高める手段になるということです。ペットも赤ちゃんは会話をしてコミュニケーションをするということはできません。しかし、ペットも赤ちゃんも態度で示すことはできます。

子供の頃からペットと触れ合うということは、コミュニケーション力を高めるという意味でとてもいい機会です。さらに、言葉で話すことができなくても、相手と意思疎通ができるという珍しい状況で毎日過ごすことができます。

小さい頃から一緒にいることで、お互いが心の支えになっていくこともあります。言葉では伝えられなくても、一緒にいることで友情に似たコミュニケーションを取ることができるのです。

ペットと子供の関係性2.思いやりを育む

ペットと子供の関係性の2つ目は、思いやりを育むことができるということです。ペットと子供は話し合ってコミュニケーションを取ることはできませんが、態度でお互いの感情を知ることができます。

小さい頃からペットと一緒に過ごすことで、これをすると嫌がる、怒る、怖がる、喜ぶというような感情を理解することができます。子供はコミュニケーションをとって初めて思いやりというものを学んでいきます。

ペットと一緒に過ごしていくことで、これをすれば相手はどう思うか、ということを学ぶチャンスになります。小さい頃から一緒に触れ合うことで、早いうちから思いやりというものを感じ取ることができます。

ペットと子供の関係性3.命を知る

ペットっと子供の関係性の3つ目は、命を知る事ができるということです。小さい頃は、なかなか命の大切さを知る機会がありません。ペットと一緒に過ごすことで命の尊さや大切さ、守らなくてはならないものを学ぶことができます。

スポンサーリンク