本当にそれで合ってる?叱らない子育てと放任の違い

子供を叱る母

子供に少しでも手をあげれば虐待、ととらえられてしまうようなデリケートな社会になってきました。そのような中で、取り上げられるようになっているのは、叱らない子育てというものです。

叱ることなく子育てをするということはどのように行うのでしょうか?また、叱らない子育てと放任にするということは全く別物です。叱らない子育てと放任の違いについて紹介していきます。

スポンサーリンク

叱らない子育てと放任は別物

叱らない子育てというものが話題になっていますが、それによって勘違いしてしまうのが放任主義の親です。子供は自分らしく個性を大切に生きて欲しい、はたまたしつけるのが面倒だから基本的に何も言わない、というような様々な理由で子供を放任している親がいます。

叱らないということを全く別の意味で捉えてしまうことで、放任になってしまいます。叱らない子育てというのは、あくまで子供を成長させるサポートをするための方法です。自分本位で子供に何もしないのは叱らない子育てとは言いません。

常に子供のことを見守りながら、手助けする所と引いて見る所をしっかりと見分けることが叱らない子育ての重要な部分でもあります。放任と叱らない子育ての意味をはき違えているという人は、今日から正してみてください。

叱らない子育て1.しつけはしっかりとする

叱らない子育てのポイントの1つ目は、しつけはしっかりとするというところです。どうしても勘違いしてしまうのが、何をしても怒らないようにするということです。怒らなくても子供は自然と学んでいくと思うのは、大きな間違いです。

子供は親の背中を見てまず学んでいきます。その次が学校などの環境です。親が何も怒らないような人間なら、子供はなんでもやりたい放題になります。

叱らない子育てとは、怒る以外のことを活用してしつけをするということなのです。もし子供が何か悪いことをしてしまった時、本来なら叱ってしまう親が多いはずです。

放任であれば、見てみぬふりをするはずです。叱らない子育てというのは、怒鳴ることなく冷静に子供の考えをただしてあげる教育法になります。

スポンサーリンク