子供の言葉遣いが酷い!治す方法と予防法

舌を出す女の子

子育てをしていると、そんな言葉どこで覚えてきたの?というような言葉を口にすることってありませんか?まだ小さいというのに、「うぜー」や「てめー」というような汚い言葉を話し出すこともあるかと思います。

子供の言葉遣いを直すために、親はどのような言い方をすればいいのでしょうか?子供の言葉遣いの治し方と、言葉遣いが酷くならないようにする予防法について紹介していきます。

スポンサーリンク

子供の言葉遣いを直す方法1.自分の言葉を改める

子供の言葉遣いを直す方法の1つ目は、自分の言葉を見直してみるということです。子供が言葉を覚えるのは、家の中か幼稚園や学校のどれかです。この中にそのような言葉の使い方をしている人がいるということです。

もしかしたら、怒った時に自分が汚い言葉遣いで話してしまってはいませんか?無意識のうちに、子供は親の言葉を真似している可能性が高いです。

もし、子供が自分の言葉を真似しているかもしれないと思ったら、自分も意識して言葉遣いを気をつけるようにしましょう。

普段気をつけていても、怒った時だけ言葉が汚くなってしまうような人もいます。そんな時は起こった時こそ冷静になるように心がけて、常に言葉遣いを意識しましょう。

子供の言葉遣いを直す方法2.言葉の意味を教える

子供の言葉遣いを直す方法の2つ目は、言葉の意味をしっかりと教えるということです。子供に嫌がられても、しっかりと言葉の意味を説明しましょう。

例えば、「うぜー」と言ってきた場合、子供はそれほど意味を深く考えずに、友達が使っているから何となく使っていることが多いです。

そのまま「そんな言葉使わない!」とだけ叱るよりも、しっかりと目と目を見て話し合う機会を設けましょう。「うぜー」という言葉は、「うるさい」という言葉を汚くした言い方です。

スポンサーリンク