子供がお片付けをしない!片付けてくれるためのしつけの方法は?

散らかる部屋

子供はたくさんのおもちゃを出して遊ぶのが大好きです。我が家でも気付けば部屋中におもちゃが散らかっています。とにかく何でもかんでも出しっ放しです。家の中でものびのび、自由に遊ばせてあげたいですが、朝から晩までそんな状態では困ってしまいますね。

「遊び終わったら片づける」ということが身についていれば良いですが、自主的に片づけができるようになるのは、ある程度成長してから、だいたい小学生になる頃だと言われています。つまり子供が小さいうちは、大人が呼び掛けて片づけさせなければならないということです。

しかし、言ってもなかなか大人の思うように片付けてくれないし、かといって大人が全部片付けてしまうのも良くないだろうし…と悩んでいるお母さんは多いと思います。

では、どうしたら片づけてくれるようになるでしょうか?その方法をいくつかご提案します。

スポンサーリンク

片づけやすい収納にする

大人は、物を分類・整理して、決まった収納場所に収納します。ですが小さい子供は、まだ分類することが難しいので、それができません。

小さな違いを見分けて別々の箱にしまったり、きちっとそろえてパズルのように収納したりということはできないということです。片付けようと思ってもできないなんて、そんなやる気をそぐようなことしたくないですね。

そこで、子供が一、二歳のうちは、おもちゃを細々分類することはせず、大きな箱に全部まとめて入れるとか、大雑把に仲間分けして収納する方法をとりましょう。簡単なことであれば子供も手を付けやすくなります。

子供が大きくなって、もう少し細かなルールがわかるようになってきたら、おもちゃの指定席を決めると片づけやすいでしょう。特にお気に入りのおもちゃは、見せる収納で子供のテンションもグッと上がります。

我が家では、息子のミニカー用の収納棚を作り、飾るような状態で収納しています。収納棚が出来上がった当時、三歳だった息子はそれを駐車場と呼び、「ピーピーッ!バックしまーす!」と言いながらキレイに収納し始めたのを覚えています。もちろん五歳になった今でもきっちり駐車しています。

スポンサーリンク