小学生高学年の女子はもう大人?思春期に入る女の子について

勉強する女の子

小学生の高学年にもなると、大人と対等に会話ができるくらい落ち着いた会話ができるようになります。ショッピングに行ったり、出掛けたりしてもママは楽しめるでことしょう。

しかし、口げんかなどになった時は一歩も引いてはくれません。この頃は、体と心の成長の変化に中々気持ちが追い付かず、悩みの時期でもあります。

パパとの距離ができてしまったりしているかもしれません。そんな11歳、12歳の女の子の心境をまとめてみました。

スポンサーリンク

思春期の女の子はこんな事を感じています

この頃の女の子は、同学年の男の子の事を子供っぽく感じたり、なんであんなことを言っておもしろいの?と思ってしまったりする反面、男の子の事を意識してしまう年頃です。

もしかしたら、好きな男の子もできるかもしれません。でも、その事を友達にも、ママにももちろんパパにも言えないのです。

かと思えば、さっきまで楽しそうにしていたのに、急にイライラしてしまったり…そんな時は優しく見守ってあげてくださいね。本人も、なんでさっきまで楽しかったのに急に怒ってしまったのだろうと、自分と葛藤しているのですから。

心と体のバランスがまだとれない成長期

さっきも書いたように、自分の心が掴めない不安な状態の中、重なって来るのが成長期です。自分の体の成長が嬉しいような、恥ずかしいような…そんな時期です。この年頃になると、身長や体重もぐんと増え、女性らしい体型になってきます。

初潮を迎えている子も少なくはないようです。しかし、みんながみんなこの時期にそうなる訳ではないので、焦る必要はありません。

自分のペースで、ゆっくり自分と向き合って行くことが大切です。丁度、この時期にパパとの距離が分からなくなってしまうこともあるかと思いますが、そんな時はママが間に入ってクッション代わりになってあげてくださいね。

女の子から女性への階段の時期

思春期と成長期がくることによって、体も気持ちも女の子から女性へと変化してきます。例えば、自分が異性からどんな風に見られているのか気になったり、今までは鏡なんてそんなに見ることがなかったのに、鏡を見る時間が長くなったり。

スポンサーリンク