抱っこのしすぎで肩こりに!?解消法や予防法はある?

肩こりの女

抱っこのしすぎで肩が凝ったり、頭痛がしたりするような症状はありませんか?今まで1度も肩こりに悩まされたことがないような人でも、抱っこが原因で肩こりに悩まされてしまう可能性があります。

実際に肩こりになってしまったら、子育てをしながらどう解消すればいいのでしょうか?解消法や予防法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

なぜ抱っこで肩こりになる?

なぜ抱っこで肩こりが起こるのでしょうか?まず子供を抱っこするということは筋肉を常に使っている状態になるということです。この時間が長ければ長いほど血管が圧迫されてしまうので、血の流れが悪くなってしまいます。

血の流れが悪くなるとどうなるかというと、筋肉に酸素や栄養が運べなくなってしまいます。そうなると、老廃物などを排出することができなくなってしまって蓄積します。

その結果筋肉は緊張した状態を続けることしかできなくなってしまい、肩が緊張して凝るという状況になるということです。

子供を抱っこしている時間が長いせいで、血行が悪くなり筋肉が緊張している状態が長く続いてしまうことになります。常に筋肉に力が入っている状態なので、抱っこを続けていくことで肩から痛みを発することになるというわけです。

この緊張状態が続くことによって、頭痛へと悪化していく場合もあります。首回りの巡りが悪くなることで、様々な部分に不調を感じるようになります。

肩こりを解消するための方法

肩こりを即座に解消するにはどうすればいいのでしょうか?なかなか自分の体を動かす暇がないママにとっては、なかなか悩んでしまうはずです。肩こりがどうしてもひどい場合には、湿布を貼るのが効果的です。手軽にできて効果てきめんです。

ただ匂いが気になってしまう場合もあります。肩こりを解消するには、温かいお風呂に入って血のめぐりを良くすることが効果的です。どうしても肩こりが酷いという時は、なるべく夫に任せて、すこしでもお風呂につかる時間を持った方が良いでしょう。

スポンサーリンク