子供が歯磨きを嫌がる!その理由と対策法とは

歯磨きをする親子

子供に歯磨きをしようとすると、嫌がってなかなかできないということで悩んでいる人はいませんか?子供はどうして歯磨きを嫌がるのでしょうか?

子供が歯磨きを嫌だと感じる理由と、嫌がらずに歯磨きを終わらせる工夫について詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク

子供が歯磨きを嫌がる理由1.歯ブラシが強く当たって痛い

子供が歯磨きを嫌がる理由の1つ目は、歯ブラシが強く当たって痛いと感じていることです。どうしても自分に歯を磨くときと同じような感覚でやってしまうと、子供にとっては痛いと感じてしまうことがあります。

大人には何とも感じない歯磨きでも、子供にとっては不快に感じてしまうことがあります。もしかしたら、親の歯磨きの仕方に問題があるかもしれません。リラックスしながら歯磨きができるようになることが理想です。

子供が歯磨きを嫌がる理由2.口を開けているのがイヤ

子供が歯磨きを嫌がる理由の2つ目は、口をずっと開けているということが嫌だということです。特に遊び盛りの子供は、じっとしていること自体嫌がります。そこで、口をずっと開けっぱなしにして待つという時間を苦痛に感じてしまうことがあります。

1分程度なら我慢出来ても、3分間磨くとなると子供にとってはとてもハードルが高くなってしまいます。子供にとって3分はとても長く感じてしまうので、歯磨き自体に苦手意識を持ってしまう子供がとても多いです。

自分で歯磨きをする時は、どれくらい口を開ければ良いのかという加減がわかりますが、子供は思いっきり大きく開けるので口が疲れてしまって不快に感じてしまうこともあるようです。

子供が歯磨きを嫌がる理由3.口の中が気持ち悪い

子供が歯磨きを嫌がる理由の3つ目は、口の中の感覚が気持ち悪いと思っている場合です。もしかしたら、歯ブラシ自体が子供とあいしょうがよくないかもしれません。子供によって、感じ方は変わってくるので、歯ブラシを気に入っていない可能性もあります。

さらに、口の中が泡でいっぱいになるということに慣れていないため、それに対して不快感を覚えている可能性もあります。

スポンサーリンク