赤ちゃんのスキンケア用品の種類と塗り方

クリームを塗ってもらう赤ちゃん

赤ちゃんのお肌は、いつもツルツル、モチモチであって欲しいですよね。赤ちゃん用のスキンケア用品は沢山の種類があります。そこで、赤ちゃんのスキンケア用品の種類と、適切な塗り方をご紹介します。

スポンサーリンク

ベビーローション

ベビーローションの特徴は、化粧水なのでサラサラとしていて肌に馴染みやすく伸ばしやすいのが特徴です。また、つけ心地が軽いので赤ちゃんの肌が脂っぽい場合におすすめです。

沢山汗をかく、夏場にも適しています。ベビーローションを塗る場合のポイントは、肌に一番はじめに塗る、ベースとなる事です。入浴、洗顔後、赤ちゃんの肌に何もついていない状態で塗るのがおすすめです。

ベビーオイル

ベビーオイルの特徴は、油分なので肌に水分を与えるというものではなく、肌の水分を蒸発させないよう幕を張り、コーティングするという特徴があります。

そのため、ベビーローションだけでは乾燥してしまいがちな冬場などには、上からベビーオイルを重ね塗りして、しっかり保湿してあげるのがおすすめです。

また、注意して頂きたいのは、ベビーオイル単品使いの場合、肌に十分な水分がない状態で塗ってしまうと、保湿する事は出来ませんので、意味がなくなってしまいます。

もし、単品使いする場合は入浴後などで肌に水分が多いうちに、素早く塗るようにしてください。そうすることで十分、保湿することが出来ます。

天然オイル

天然オイルの特徴は、ベビーオイルとは異なり、植物や動物などの天然成分から作られているのが特徴です。有名なのは馬油やワセリンといったものがあります。

天然オイルの良いところは、赤ちゃんだけでなく、家族全員で使うことが出来るといったところです。また、1つの製品が比較的大容量なため、コストパフォーマンスが良いという点もおすすめです。しかし、赤ちゃん用として作られているわけではないということを理解しておいてください。

ベビークリーム

ベビークリームはローションとオイルの中間といったもので、特徴は水分と油分をバランスよく含んでいます。そのため、ベビークリームひとつでスキンケアが完了します。

スポンサーリンク