月齢別!赤ちゃんにおすすめのおもちゃをご紹介!

おもちゃで遊ぶ子供

赤ちゃんの成長スピードというのは本当に早く、どんどん出来ることが広がって、お父さんやお母さんもとても嬉しいですよね。赤ちゃんはおもちゃを通して、考える力や表現力を養います。

しかし、新生児の赤ちゃんにいきなり1才用のおもちゃを与えても、理解することができません。そのため、赤ちゃんの成長に合わせたおもちゃ選びが重要になってきます。そこで、赤ちゃんの成長に合ったおもちゃを、月齢別にご紹介します。

スポンサーリンク

新生児~生後2ヶ月頃

産まれたばかりの赤ちゃんは、視界がぼんやりとしています。特に新生児の頃は、明るさや暗さもなんとなくしか感じとれない程度で、もちろんお母さんの顔もほとんど分かりません。

しかし、音はこの頃から敏感に感じとることが出来ます。そのため、この頃のおもちゃはオルゴールなどの音が出るメリーやモービルがおすすめです。

また、生後2ヶ月ごろになってくると、視力も発達してくるので、動くものや色がはっきりしたものが見えるようになってきます。

追視といって、動くものを目で追うことが出来るようになってくるので、メリーの場合、音だけでなく、ぶら下がっているものを目で追って学習し、考える力を養うのでおすすめです。

生後3ヶ月~生後5ヶ月頃

この時期の赤ちゃんは首がしっかりとしてきます。そのため、様々な方向に首を動かして見ることが出来るので、視界が広がり、様々なことに興味を示します。

とても活発で好奇心旺盛になり、おもちゃを引っ張ったり、自分の指やタオルを口に入れたりします。そのため、舐めても安全なおもちゃを選ぶことがポイントです。この時期は、布絵本や、ガラガラなどが活躍します。

おすすめ商品

  • 【手芸キット】赤ちゃん・ベビー・キッズのおもちゃ: くねくね くまさん

また、新生児のうちからメリーを使っている場合、メリーにぶら下がっているおもちゃが取り外せたり、押すと音が出るタイプであれば、この時期もまだまだ活躍出来ます。

  • ディズニー ベビートイ くまのプーさん えらべる回転 6WAYジムにへんしんメリー

とにかくなんでも口にいれようとする時期なので、おもちゃは洗えるものを選び、汚れたらこまめに洗って清潔を心がけるようにしましょう。

生後6ヶ月~生後8ヶ月頃

この時期の赤ちゃんは、お座りが出来るようになったり、ハイハイが出来るようになります。そのため、今まで以上に行動範囲が広がり、さらに手先も自由に動かせるようになるので、ものを掴むことが出来るようになります。

この時期は、ブロックや、起き上がりこぼしなどが活躍します。また、生後6ヶ月を過ぎると、すでに離乳食が始まっていて、歯も生えてくるため、歯がムズムズして、今まで以上に口に入れて噛もうとするので、歯がためもとてもおすすめです。

おすすめ商品

  • コンビ コップがさね

  • Sassy 歯固めラトル 3ヶ月から対象 ひんやり 色々な感触 バンブル・バイツ・ファン TYSA80679

生後9ヶ月~生後12ヶ月頃

この時期の赤ちゃんは、つかまり立ちや、つたい歩き、そして一人歩きが出来るようになっていきます。手先が器用になり、細かいものも掴むことが出来たり、クレヨンやペンなどで殴り書きレベルですが、お絵かきも出来るようになります。

積み木や、引き車などの、自分で動かせるおもちゃや、壁などに書いても消せるクレヨンなどが活躍します。この時期に遊べるおもちゃは、種類が比較的多いので、色々なおもちゃを与えてあげて、可能性を広げてあげましょう。

おすすめ商品

  • HannaBlock 磁石ブロック 想像力と創造力を育てるオモチャ 立体パズル ゲーム モデルDIY 磁石積み木

  • ベビーコロール 12color

  • はじめてぬるほん (あそびのおうさまBOOK)

赤ちゃんの成長スピードに合ったおもちゃ選びを心がける

赤ちゃんの成長スピードは、個人差がかなり大きいことをまずは理解しなくてはなりません。ご紹介した月齢別のおもちゃですが、目安となる時期より早く与えても、十分遊べる赤ちゃんや、逆に、まだ遊び方が理解できない赤ちゃんもいます。

それは、ダメな事ではなく、赤ちゃんのペースなのです。赤ちゃんが、自分のペースで色々なことに興味を持ち、健やかに成長出来るように、一人一人に合ったおもちゃ選びを心がけていきましょう。

スポンサーリンク