赤ちゃんの服の種類と適した時期について

ベビー服

赤ちゃんの洋服はどれも小さくて、見ているだけでとても可愛いですよね。しかし、赤ちゃんの服には様々な種類があって、一体どれを着させればいいのか迷ってしまうお母さんも多いと思います。

そこで、これから赤ちゃんを迎えるお母さんにも準備しやすいように、赤ちゃんの服の種類と赤ちゃんに着せる適した時期について、ご紹介します。

スポンサーリンク

短肌着と長肌着

赤ちゃんも大人と同じように肌着を着ます。まず、短肌着というのはお腹までの長さの肌着です。短肌着は基本となる肌着で季節問わず、どの時期でも使用します。

また、丈が短いため赤ちゃんがバタバタ足を動かしてもはだけにくいので、オムツ変えもしやすいという特徴があります。

適した時期は、新生児~3ヶ月頃までで、それ以降になると赤ちゃんの動きが激しくなってくるので、別なタイプの肌着に切り替えましょう。

また、短肌着は紐で結ぶタイプやボタンでとめるタイプがありますが、月齢が低いねんね期の赤ちゃんに使用するので、まだ首が座っていない赤ちゃんが多く、着せ変えやすいように紐で結ぶタイプの短肌着をおすすめします。

次に、長肌着です。こちらは丈の長さが長く、足まですっぽり隠れるので寒い時期に活躍します。また、オムツ変えもしやすいですが、足をバタバタ動かすと、すぐにはだけてしまうため動きが活発になる前の新生児~1ヶ月頃までしか使わないことが多いです。

コンビ肌着とボディタイプ肌着

コンビ肌着とボディタイプ肌着は比較的長い期間使用できる肌着です。まず、コンビ肌着は股の部分が分かれていて、スナップが足首あたりまでついているので、ズボンのようになり、赤ちゃんがバタバタしてもはだけません。

適した時期は、2ヶ月~6ヶ月頃までです。次に、ボディタイプ肌着は、股部分にのみスナップがついているので、足が出ている状態になっていて、足をどんなに動かしても体にフィットしてはだけません。

スポンサーリンク