子どもの好き嫌いは本能だった!?無理に食べさせるのは逆効果?

食べたくない子供

子どもの好き嫌い、悩みますよね。離乳食の時はなんでも食べてくれて好き嫌いがない子で良かったわー!なんて思っていたのに、意思がはっきりしてくるにつれて段々あれもこれも嫌…。

せっかく作ったご飯が残されてしまうのも悲しいですし、何より好き嫌いが多いと健康面も心配で悩まれているママも多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

子どもが苦いものを口にしないのは本能!?

子どもの嫌いな食べ物の代名詞、ピーマン。大人にはほのかな苦みが美味しいピーマンですが、子どもにとっては中々食べられないものの一つですよね。

苦みや渋みがある食べ物は毒があるものが多く、子どもは自分の身を守るために本能で苦みや渋みのある食べ物を避ける傾向があるようです。

栄養価の高い葉物野菜を食べてくれなくて悩んでしまう事は多いと思いますが、葉物野菜は苦みや渋みのあるものが多いですよね。

理由を知るといつもは中々食べてくれなくてイライラしてしまう食卓でもそんなところで本能を働かせている子どもが可愛らしく思えてきますよね。

無理に食べさせようとすると逆効果?

苦手な食べ物を無理に食べさせられると余計に嫌いになってしまいませんか?未発達な子どもの味覚であれば年齢とともに変化してきますが、頭でこの食べ物は嫌い!と思い込んでしまうと、中々それを克服するのは難しいですよね。我が家では子ども苦手な食べものがあると無理に食べさせることはしません。

「○○はこれが嫌いなんだね~。苦手なんだね~。」などと否定的な言葉は使わず、「○○はまだ大人の味が分からないんだね~。」「あ~美味しい!こんなに美味しいものが食べられないなんて残念ね。」と、言うようにしています。

スポンサーリンク