スマホに夢中になる赤ちゃんが増加中!スマホが及ぼす赤ちゃんへの悪影響とは?

スマホを見る赤ちゃん

ネット社会と言われている現代、スマホ依存症という言葉をよく耳にします。最近では小さい子供を静かにさせるためにスマホでゲームや動画を観せる親が増加傾向にあります。

時間を決めるなどの対策をしているという方も多い一方、赤ちゃんに何時間もスマホを預けている方も最近では珍しくありません。しかし、その行為によって赤ちゃんがスマホ中毒になってしまう危険性があることをご存知ですか?そこで、スマホが及ぼす赤ちゃんへの悪影響をご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんのスマホ中毒とは?

ぐずっている赤ちゃんにスマホを与えると、手先を動かすことによって画面が反応することが楽しくてぐずるのをやめることに繋がります。

そのため、お母さんとしては楽なことではありますが、ぐずっている子供と向き合うことも親子のコミュニケーションの一つということを忘れてはいけません。

ぐずるたびに赤ちゃんにスマホを与えていると、コミュニケーションの質が下がるだけではなく、スマホがないと泣き止まないなどの常習性が芽生えます。

赤ちゃんがスマホに依存することには様々な悪影響があるので、常習性が芽生える前に早めの対処が必要です。

スマホによる赤ちゃんへの悪影響その1、視力の低下

赤ちゃんや子供の目は大人に比べ刺激に弱い傾向にあります。スマホが発するブルーライトは赤ちゃんにとっては刺激が強く、視力が低下する危険性があります。そのため長時間スマホの画面を観ることは赤ちゃんにとって悪影響と言えます。

赤ちゃんに毎日長時間スマホを観せているというお母さんには、最低でも連続で30分以上は観せないようにすることをおすすめします。

小さい画面で長時間動画などを観るということは目の疲れにも繋がるので、親がしっかりと管理することが重要です。

スマホによる赤ちゃんへの悪影響その2、電磁波

ガラケーに比べスマホやタブレットは電磁波が強いと言われています。赤ちゃんの脳は大人の脳に比べ電磁波の熱を吸収しやすく、スマホを赤ちゃんに与えることは非常に危険であるということも知られています。

スポンサーリンク