離乳食を簡単に!フリージングを使いこなそう!

冷凍された食材

6ヶ月ころから始まる離乳食。毎回作ってあげたいけれど大変に感じるママもたくさんいるはず。そんなママのために簡単に保存できるフリージングを紹介します。

フリージングはただ凍らせればいいのかしら?どのくらいフリージングしておくことが出来るかなど気になることを見ていきましょう。

スポンサーリンク

フリージング方法

フリージングでは素材の味や栄養を損なわないために手早く凍らせることが大切です。食材が大きいと冷凍に時間がかかってしまうため、薄く、小さく、小分けにすることで冷凍が早くできます。

発泡スチロールのトレイは冷機が伝わりにくく適していません。金属製のトレイやフリーズジッパーに移すと効率がよいです。また、新鮮なうちに冷凍することによって栄養とおいしさを少しでも多く残すことが可能になります。

一度解凍したものは再び冷凍することはおススメできません。味も栄養もおちてしまい、更には雑菌が繁殖して病気になってしまうことがあるので気をつけてください。

フリージングのものを作るときには、手や調理器具も清潔にしてから調理をするのも忘れないでください。入れ物に日付を書いておくと確認できて安心して使うことが出来ます。

いざ、フリージングを使うときは

フリージングしたものの保存は1週間程度を目安に使ってください。冷凍後の長期保存は、冷凍やけなどの劣化が進むからです。なるべく早くに使い切りましょう。

室内での自然解凍は、雑菌が繁殖する原因になることもあるので、離乳食にはさけてください。電子レンジを使用する時は、加熱時間が長すぎると乾燥したり硬くなってしまうこともあるので様子を見ながら解凍しましょう。

煮ている鍋に凍ったままの食材をいれて、調理と解凍を同時にする方法もおすすめです。

冷凍可能なものそうでないもの

調理方法によっては冷凍可能なものがあります。いくつかまとめてみました。牛乳は冷凍化のです。ですが、ただ冷凍しただけですと牛乳に含まれる水分が凍って組織を壊し、変質してしまいまい出来ませんが、ホワイトソースなどに加工したものならば冷凍することが出来ます。

また、ジャガイモなどのイモ類は生のまま冷凍すると腐ってしまいます。ゆでたものでもスポンジ状になるまで冷凍できません。マッシュポテトにしてから冷凍をしてください。

スポンサーリンク