ようこそ我が家へ!新生児子育て環境について

新生児

退院してくるといよいよ家族と同じ家での生活になってきます。でも、あかちゃんが来る前には様々な準備が大切です。

お部屋作りから赤ちゃんの眠れる環境づくり、衣類のノウハウを妊婦のころから知っておくとおうちにやってきた赤ちゃんとも上手に接することが出来るようになります。

スポンサーリンク

環境のよいお部屋作り

生まれたての赤ちゃんは寝ていることおおいのです。ですので、いい環境のお部屋作りをしてあげましょう。部屋はなるべく南向きであ明るく風通しの良い部屋で外部から風邪などをうつされないように人の出入りの少ない場所を選びましょう。

直射日光や直接風が当たらないように注意してください。室内の温度は18~22℃が良く、冬でも10℃以下にならないようにしてください。室温は50~70%位が適当です。

気持のよい寝床にしてげよう

新生児は寝ている時間は一日の多くの時間を占めます。どのような寝床にしてあげたら赤ちゃんにとって安心した環境になるのでしょうか。

ふわふわしすぎるマットレスや厚い敷布団は赤ちゃんの姿勢を悪くしたり、寝返りをうつようになった際に窒息の危険が伴います。ですので、やや固めのほうが望ましいです。布団など(寝具)はなつべく日光に当てておきましょう。

湯たんぽをする場合は、お湯の温度を60度位にして、布に包んでから体から少し離したところに置きます。電気毛布の使用は寝具を暖める目的で使い、赤ちゃんを寝かせながらの使用は控えてください。お母さんの横に寝かせると、赤ちゃんは暖かいのと安心感でゆったりと眠りにつくことができます。

衣服とおむつのあれこれ

お風呂に入っているとき以外は衣服やオムツを常時身に着けていることになります。それは、大人と同じですね。ですが新生児はとてもデリケートで大人では予想もしないことから肌疾患の原因になることもあります。

衣服はできるだけ薄着の習慣をつけてください。厚着の癖をつけると、温度の変化に順応する能力がなくなってしまし寒さに弱い子になってしまいます。

スポンサーリンク