季節別、赤ちゃんとのお散歩に適した時間帯と注意点

赤ちゃんの散歩

道端で、赤ちゃんを連れて歩いているお母さんを見かけると、とてもあたたかい気持ちになりますよね。産まれたばかりの赤ちゃんが、日を増すごとに様々な物が見えるようになって、色々なものに興味を持つようになったら、是非積極的にお散歩をしましょう。

お散歩は外気浴とも言われていますが、お散歩をすることによって家の中にいても味わえない風の心地よさや、外の匂い、自然とのふれあいなどを通して赤ちゃんは五感を培います。

また、お散歩をすることで体も丈夫になり、感性も豊かになると言われています。雨の日や雪の日、風の強い日は無理にお散歩することはおすすめしませんが、天気の良い日はお散歩を日常に取り入れてみてください。

しかし、「お散歩をしたいけど何分くらいなら赤ちゃんの負担にならないの?」「時間帯は何時ごろだといいの?という」疑問を抱えているお母さんもいると思います。そこで、季節ごとにお散歩に適した時間帯と注意点をご紹介します。

スポンサーリンク

春と秋

春と秋は比較的過ごしやすい時期です。そのため、適した時間帯としては、早朝や夕方以降でなければ、どの時間帯でも大丈夫です。

夏場は最も注意しなければならない季節です。お散歩に適した時間帯は朝10時までの早い時間帯か午後4時以降から日が暮れる前までの時間帯です。その理由は紫外線の強さと、気温が高すぎて熱中症になる危険性があるということです。

赤ちゃんの肌は、バリア機能が弱く、少しの紫外線で大きなダメージを受けてしまいます。とくに夏場は、紫外線の量が多く、とても危険です。そのため、1日のうちでもまだ紫外線の量が少ない、朝と夕方以降の時間帯になるべく出掛けるようにしましょう。

しかし、そうは言っても日中出掛けなければならない用事の方が多いですよね。そういう場合は、赤ちゃん用の日焼け止めや、麦わら帽子、またお母さんと赤ちゃんが隠れる大きさの日傘をさすなどして、対策しましょう。

スポンサーリンク