洗剤や柔軟剤はどうしてる?大人と分ける?赤ちゃんの衣類の洗濯方法

洗濯機

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。赤ちゃんは、おっぱいやミルク、離乳食などを吐きこぼしてしまうことが日常茶飯事です。

汚れてしまった服はすぐに着替えさせて、赤ちゃんには気持ちよく過ごしてもらいたいですよね。そのため必然的に、お母さんは赤ちゃんの服を洗濯する機会が多くなると思いますが、大人用の服と同じような洗剤で洗ってしまうと、洗濯用洗剤が原因で赤ちゃんの肌を荒れさせてしまったりする可能性があります。

そのため、特に赤ちゃんが小さいうちは、大人用と分けて洗濯する方が安心なのですが、一体どんな洗剤を使えばいいのか分からない方もいると思います。

そこで、赤ちゃんの衣類を洗濯する際に、使用する洗剤や、注意しなければならないポイントをご紹介します。

スポンサーリンク

使用する赤ちゃん用の洗剤について

赤ちゃんの肌は1歳以下が最も弱いと言われています。そのため、1歳を過ぎるまでは赤ちゃんの衣類は分けて洗濯することが望ましいです。

特に、合成界面活性剤は洗浄力が高くなるなどの効果があるため、多くの洗剤に含まれていますが、皮膚への刺激があるので、たとえ赤ちゃんの衣類の洗濯を、大人用と分けていたとしても、赤ちゃんの洗濯物自体への使用はできるだけ控えるようにしましょう。

赤ちゃん用の洗濯用洗剤を選ぶ際には、洗濯の仕上がりが柔らかいものを選ぶようにしましょう。赤ちゃん用の洗剤には、主に石鹸ベースの洗濯と合成洗剤ベースのものがあります。

石鹸ベースの洗剤は仕上がりが柔らかくなるので、赤ちゃん用にはおすすめです。また、柔軟剤を使用する場合、通常の柔軟剤は刺激が強い成分が入っているものが多いので、赤ちゃんにも使える柔軟剤を選ぶようにしましょう。

大人の衣類と一緒に洗うようになった場合、気をつけなければならないポイント

おおよそ1歳を過ぎたら、大人用の衣類と一緒に洗濯しても大丈夫になります。ここで注意しなくてはならないのは、「ホルムアルデヒド」という成分です。

スポンサーリンク