大変!3人目の妊娠中は不安でしんどい…。出産までのドキドキ待機時期

妊婦と兄弟

2人目や3人目の出産を控えている方、いきなり陣痛がきたらどうしようと毎日ドキドキしますよね。兄弟を実家に預けての里帰り出産、出産日を事前に決めての促進出産や帝王切開、上の子が一緒に宿泊できる産院を選ぶなど色々な選択肢があるかと思います。

そうやって何度もイメトレしても、やっぱり不安でドキドキな待機時期ですよね。3人の出産を経験した私も三者三様でしたのでご紹介します。

スポンサーリンク

37週で破水した里帰り出産

1人目の出産は里帰り出産でした。実家が車で1時間ほどの場所にあるのですが、出産する産院で検診を受けたかったため、妊娠6ヶ月から出産予定の産院に通っていました。

実際に里帰りしたのは出産予定日の1ヶ月前。里帰り生活がスタートしたのもつかの間で、37週で高位破水し、破水からの細菌感染を恐れ促進剤を投与しての出産でした。

チョロっと出た感じの尿漏れか破水かわからないレベルのものでしたが、もしかしたらの心構えを持った状態で産院に行きました。主人は事前に仕事を調整し、親も準備万端でサポートしてくれました。1ヶ月前に里帰りしたのはぎりぎりセーフでしたが、安心して出産に臨めました。

予定日10日超過で里帰り出産

2人目の出産も里帰り出産でした。1人目が37週で破水したため、もしものことを考えて1ヶ月半前から里帰りをしたのですが、全く予兆なしで予定日を10日超過。

家族は準備ができ過ぎて、まだかまだかの毎日。妊婦は安静にと言われ、上の子のお世話を全て母に任せて、待てど待てどの毎日は本当に疲れました。こんなことなら、予定日まで忙しく自宅で家事育児をしている方が気がまぎれて良かったなぁなんて。

結局、予定日を10日超過しても出産の傾向がなかったため、促進剤投与とバルーンで子宮口を開いての出産でした。早く里帰りし過ぎるのもストレスありです。

子供も宿泊できる近所の産院で出産

3人目は電車で1駅、タクシーで20分ほどにある産院で出産しました。2人目の件で里帰りに凝りたことと、上の子が小学校に通っていたため自宅付近での出産を決めました。

子供も一緒に宿泊できる産院でしたが、一緒に宿泊できることより、産気づいた時にどういう流れで動くか、学校に行っている日中なら誰を頼ればいいか、夜中なら寝ている子供はどうしようと、シュミレーションを何度しても落ち着きません。

予定日当日、3人目にして初めて自然な陣痛がきたのですが、時刻は夜中の0時!

スポンサーリンク