イヤイヤ期に悩んでいるママ必見!子供がイヤイヤしそうになった時の魔法の言葉

叫ぶ男の子

1歳後半~3歳前後、子どもが何をするにも反発してくる時があります。いわゆる第一次反抗期や「イヤイヤ期」と呼ばれるものです。

イヤイヤされる度に親はぐったりしてしまいますし、周りにも迷惑をかけて申し訳ないと思ってしまうこともあります。成長の証だとわかってはいても、イヤイヤとずっと付き合っていくのは大変なことです。できれば少しでもこのイヤイヤを減らしたいですよね。

実はこのイヤイヤしそうになる時、こちらからの声掛けでスムーズにイヤイヤせずに過ごせる場合があるのです。

普段ずっと関わっていれば、自分の子どもがどんな時にイヤイヤするかもわかってくるはずです。今回は状況ごとにどんな言葉かけかけるとよいかを紹介しますので、ぜひ毎日の育児のヒントにしてください。

スポンサーリンク

着替える、靴の脱ぎ履きを嫌がる時

「これできるかな?」「脱げるかな?」と声をかけてみてください。誰かから指図されるのではなく自分でやりたいことを決めたい時ですが、「~できる」ということに関しては敏感な時期です。

本人の自尊心を守りつつ、できない時は見えないようにそっと手伝うなどしてできたことを褒めましょう。服を何パターンか用意しておいて、本人に好きなものを決めてもらいます。

お気に入りの服ばかり着てしまう時もありますが、そこは目をつむり本人の意思を尊重してください。

食べるのを嫌がる時

食べムラが出てくる時期なので、食事に悩む方も多いでしょう。食事についても「食べれるかな?」攻撃が有効ですが、効果がない場合も多いです。大好きなキャラクターの人形などが食事を食べて「おいしい!」と言うマネをしてみましょう。

食べなくて困ることもあるでしょうが、その分おやつを少なくしたり食べないで食事にするという工夫も必要です。本当にお腹が空いていれば食べるでしょうし、食べなくても元気でいるならそれはそれでよいと諦めることも大事です。

親が一生懸命になり過ぎると食事の時間も楽しくなくなってしまいます。家族で食卓を囲み、「おいしいね」と一緒に食べることが一番食欲をそそるのではないでしょうか。

買い物の時

子どもが勝手に走り回ったり、おやつコーナーから動かなくて困るなどで、買い物をするにも一苦労だというお母さん方、多いですよね。

カートにも乗ってくれなくなりますし、自分一人なら10分足らずの買い物に30分以上かかってしまうこともあるでしょう。そんな時は子どもに手伝ってもらう作戦を実行してみてください。

「この野菜取ってくれるかな?」「どの野菜にしたらいいかな?」など、子ども参加型の買い物にしてみましょう。

カートを押してもらったり(周りにぶつかってしまう場合もあるのでこっそりお母さんが押しますが)、買うものを1つだけ持ってもらってレジに出すなどの役割を与えると喜んで手伝ってくれます。

スポンサーリンク