家計の節約はふるさと納税を活用しよう!お得な返礼品は?

食材

家族を持ち、子供ができると、毎日、毎月の家計の支出や収入を計算して頭が痛くなりますよね。赤字の月がないとは言い切れず、どこを節約しようか常日頃頭を抱えている人は多く、早く社会復帰して仕事しなければと焦ってしまう人も中にはいます。

家計管理は、ただ家計簿をつければ良いと考えている人もいますが、その家計簿から様々な項目を検証して、日々積み重なる費用を排除していくという作業が発生します。

自分一人の時はそこまで考えていないことから、いきなり家計管理と言われても・・と思ってしまうんですよね。今回は、家計の節約術「ふるさと納税」の活用についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

一般的な家計の支出内訳

夫婦と小学生以下の子供がいる場合の理想的な支出割合は、食費が14%、住居費が25%、小遣い・教育費がそれぞれ10%、水道光熱費・保険料がそれぞれ6%、通信費が5%、趣味や交際費、日用品などはそれぞれ2%、貯蓄に12%と言われています。

この数字に比べて、みなさんの家計の支出割合はどうでしょうか?たとえば、趣味や交際費、日用品などの割合が高ければそこから貯金に回したり、教育費が少なければ住居費から回すことなども考えられますよね。

将来不安のないように貯めるために、削るところがわからない!という人も多くいます。そんな時には、ふるさと納税の活用をおすすめします。

ふるさと納税で節約!?

ふるさと納税は、多くの人が地方の故郷で、その自治体からの医療や教育などの住民サービスを受けて生まれ育ったことから、生活の場所を都会に移した後で故郷の自治体に税金を寄付金として納める制度のことです。

スポンサーリンク