嫌がるからできない?いつからできる?子供の集団行動の大切さ

集団で遊ぶ子供

子供は小さいうちは一人遊びといって、一人で本を読んだり、一人でおもちゃで遊んだり、どちらかというと近くにお友だちがいても、混ざることなく単独で遊びます。

そして、3歳頃になると、お友だちに興味が出てきて集団で遊ぶようになります。集団行動ができる、協調性の出てくる頃です。そんな集団行動の大切でいいところをあげてみました。

スポンサーリンク

言葉遣い、会話力が学べます

今までは、家でパパやママ、おじいちゃんやおばあちゃんなど、大人に囲まれて大きくなってきました。毎日色んな会話を聞いたりお話しをしたり…。今度は集団行動をするようになると、同世代のお友だちとの会話が学べるようになります。

今までは自分が話したい時に自分のペースで話すことができました。しかし、同じ年のお友だちとの会話となると、お互いが話しをしたり聞いたりになるので、会話の間や、話しを聞くことが身に付きます。

そして、言葉遣いもまた、大人との話し方ではなく、同じ目線の会話ができるようになります。

運動能力が上がります

さっきも書きましたが、家での生活は大人に混じっての生活になるので、同じ年の子供たちの動きを見ることは少ないと思います。

兄弟がいるお子さんはお兄ちゃんやお姉ちゃんを見てますから、多少は真似して動きますが、中々ついていくだけでも一生懸命です。

同世代の中での集団行動ができてくると、競争心や、真似をしてチャレンジしようとする気持ちが出てきます。一人ではできないことでも、一緒にチャレンジできる仲間がいることで頑張れるのです。

子供は失敗して、怪我をして、痛みを知って成長します。そして、出来たことに対しての喜びと達成感を知ります。集団行動では、自分の力を大いに発揮できる、練習の場所です。

ルールが分かってきます

今までの生活や遊びのルールは主に自分にあったと思います。一人遊びでは、何でも自分の考えで遊べて、自分のルールで物事が進んでいきます。

スポンサーリンク