頭ごなしに怒ってはダメ!子供が悪いことをしたときの対処法

叱られる子供

子供でもしてはいけないことをしたら、叱らないといけませんよね。何か悪いことをした時、どういう対処をしていますか?理由も聞かずに怒ったりしていませんか?そんな時どうする?をまとめてみました。

スポンサーリンク

様子がおかしいなぁと思ったら嘘をついていた

話しをしている時に、話しの流れがおかしかったり、目を合わさずに話しをしたりすることはありませんか?子供は子供ながらに、何かを隠す時には嘘をつこうとします。

大人からすれば簡単に見破れる嘘かもしれませんが、それは、悪いことをしてしまったことに気付いてるからこその、自分を守る為の嘘かもしれません。まずは、なぜ嘘をついたのかを聞いてあげてください。

そして、嘘をつくことは悪いことだということを教えてあげましょう。しかし、時と場合によっては、誰かを守る嘘かもしれません。その場合は理由も聞いて、守ってあげたことは偉いけど、その守ってあげたお友だちの為にもダメなことはダメだと伝えてあげようと教えてから、褒めてあげるといいでしょう。

隠し事をしていた

どんな小さな子供でも、しまった!と感じると隠し事をします。嘘をつくこととにていますが、例えば本を読んでいたら間違えて破れてしまったけど、そのままにしておいた…これは、きっと間違って破れてしまったけど怒られてしまう!と感じたからだと思います。

この場合は、わざとじゃないなら怒らないからちゃんと話しをしてね、と伝えてあげましょう。それから、間違いでも謝ることを教えてあげます。

もし、その本がお友だちの物なら、わざとではなくても謝る必要があるからです。しかし、悪気があっての隠し事の場合は理由を聞いてから、しっかり怒る必要がありますね。

人を叩いてしまった

子供同士のケンカには、叩いた、叩かれた!なんてことはよくある話しですが、どんな理由があっても手を出してはいけません。叩かれたとしても、やり返しはダメです。

もし、ケンカになった時には幼稚園や保育園、託児所なら先生に話してね、公園や家ならママやパパに話してね、と教えてあげます。

スポンサーリンク