男の子と女の子でのお下がりはあり?なし?

服

お子さんが2人以上いる家庭で男女の両性居る場合、洋服などのお下がりってどうしていますか?

知り合いに上げる場合や、リサイクルショップに出すなどいろいろな方法がありますが、今回は男女の兄妹でお下がりすることはありなのか無しなのかについてお話します!

スポンサーリンク

男女での色分けはもう古い!

最近は、男の子だからこの色、女の子だからこの色というのはなくなりつつありますよね。

男の子洋服でもサーモンピンクやショッキングピンクのものがあったり、逆に女の子の服でも青や黒のものがあったりとデザインによってはどちらでも着られるものも多くなっています。

小学生のお子さんのお持ちの方ならわかると思いますが、ランドセルの色に関しても女の子だから赤、男の子だから黒という感じではなく、女の子でも黒を持っていたり、男の子でも赤のランドセルを使っている子を見たことがあると思います。

最近は色は関係なく子供たち本人の気に入ったものを着させたり持たせたりするのが主流ですね。ちなみに筆者の家庭も男女両性居ますが、長女はランドセルは黒がいいと言って黒を購入しましたよ!

お兄ちゃんから妹へお下がりする場合

上の子が男の子で、妹にお下がりする場合ですが、これに関しては上記でも言ったように最近の服は男女ともに着られるものが多くほとんどの服がお下がりできると思います。

ただ男の子の服というと、小さいうちは車や戦隊ものなどのデザインが多くこの場合は女の子にお下がりするにはちょっと不向きかなと思います。

全面にプリントされているものではなく端の方に小さくプリントされているものであれば、その上から可愛いワッペンを張るなどしてリメイクが可能です!

リサイクルショップやフリマに出せるほど状態がきれいじゃなくお下がりできないなら捨てるしかないという場合には、お家用のパジャマにしたり、保育園に通っている場合には泥遊びなどをする際に汚れてもいい服を持ってきてくださいと言われることがあるのでそんな時に活用するといいですよ!

お姉ちゃんから弟へのお下がりの場合

次に、女の子から男の子へお下がりする場合ですが、女の子の服は色に関係なく、ラメの入っているものやレースやフリルがついているものも多いためお下がりが難しいですね。

スポンサーリンク