母子同室か別室か?出産前に考える産院の選び方

妊婦

いよいよ出産も現実的になってきてどこの産院で出産をするか?悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。そこで考えなければならないのが、「母子同室か母子別室か」ということですよね。母子別室だと、入院期間中は我が子とほとんど会うことができずに寂しい思いをしてしまうかもしれません。

その点、母子同室の場合だと一緒にいれる時間は長くなります。いったいどっちの方がいいのか悩んでいるという方のために今回は多数の角度からそれぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

スポンサーリンク

子供と一緒にいられる

母子同室の場合は、生まれてすぐの赤ちゃんと一緒の部屋で過ごすことになります。当然夜も朝も昼もずっと一緒ですから、少しでも一緒にいたいと思うママならとっても嬉しいでしょうが、産後すぐで体力が回復していない状態の時にゆっくり休む暇もなく、夜泣きで頻繁に起こされ、慣れないおむつ交換などに神経をすり減らす。

そんな生活をしていると「もう疲れているのだから寝かせて!」と精神的に疲れてしまうかもしれません。

その点、母子別室の場合は子供と一緒にいることはできませんし、子供と会うのはガラス越し、会ったとしても授乳の時だけとなってしまいますが、お部屋でゆっくりとできますし、入院をしている間は夜も夜泣きに悩まされずグッスリと眠ることができます。

退院をすれば子供とは嫌でも一緒にいることとなります。それならば今だけはゆっくりと過ごそう!そう考えてもいいかもしれませんね。

病院にいる間にお世話になれることができる

母子同室の場合は、子供のお世話は生まれた時からずっとしないといけません。

それこそオムツ変えも授乳も、授乳後のゲップの出し方など、子供のお世話を全て自分でしないといけないことに最初は戸惑うかもしれませんが、病院であれば疑問に思ったことやうまくできないことはすぐに看護師さんに質問したり、練習をしたりすることができます。つまり退院する前にお世話にある程度慣れることができるのです。

スポンサーリンク