共働きの家事シェアはあり?なし?家事をシェアするメリットとデメリット

家事をする夫婦

共働きをしているママとパパにとって家事を分担する家事シェアの問題は他人事ではないのではないでしょうか?家事を分担して行えばそれだけお互いの自由時間が増えるということにもなりますし、効率的に家での生活を送ることができます。

一見メリットしかないような家事シェアですが、物事にはデメリットも存在しています。家事シェアをすることで起こるかもしれないデメリットや問題とはいったいなんでしょうか?

今回は家事シェアはあり?なし?それぞれのメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

家事を完璧にこなせない

パパの家事スキルが高ければ問題ないですが、結婚をするまで一度も家事をしたことがない方や、家事はできたとしても完ぺきではない場合、「これなら自分でやった方がよかった」と思うようなことも出てくるかもしれません。

例えば洗い物のすすぎ残しがある、洗濯物が中途半端に干されている、部屋の隅の方の掃除がされていない。そんな細かい所を男性は気にしないことが多いです。その目につくような中途半端な家事に対して、あなたがどのように思うか?それによってもかなりの違いがでてきます。

家事をしてくれるのはありがたいけど中途半端にされるのは嫌。そう思うならば始めから家事シェアを行わないと決めてもいいかもしれませんね。

家事を手伝ったということに威張る

家事を行うのは嫁の仕事。そんなふうに考えている夫は、家事をしている自分がいかにえらいか、いかに頑張っているかというのをわざとらしく主張してくるかもしれません。

家事シェアとは、お互いに家事をシェアすることなのでどっちの仕事で、どっちがやってあげたなどの話にはならないはずですが、男性からすれば家事を手伝ってやっているという感覚が抜けないのでしょう。

スポンサーリンク