夫婦共働きになったら家事育児は本当に平等に分担できる?

夫婦

イクメンという言葉が流行し、育児に前向きな男性も増えてきた昨今。夫婦間でも、家事や育児の分担ができる時代になってきました。しかし、「平等」という言葉が夫婦喧嘩を招きます。

多くの一般家庭では、パパがメインで働き、ママは家事育児をメインで担当しパートなどで働くスタイルがまだまだ多いと思います。しかし、ママもメインで働いた場合、家事育児は本当に平等に分担できるのでしょうか。

女性も男性と同じレベルで、本当の意味でのキャリアアップを目指せるのでしょうか。

スポンサーリンク

「どちらの方が大変」はやめよう

出産するのは女性なので、出産の為に仕事を休む必要があるのは女性です。キャリアウーマンとして働いてきた女性にとって、なぜ自分だけが制限されないといけないのか、将来のキャリアビジョンを絶たれたような気がして不満が募ります。

しかし男性からすると、自分は生涯家族を養う責任を背負って働いている、「働きたい」のと「働かないといけない」のとでは意味が違う、なんて言い分もあるかと思います。

家事育児の方が大変!いや、しがらみに耐えながら働く方が大変!なんて言い合っても答えはでません。それじゃあ、退職して主夫になるよ!とはいかないし、肌身離さず腕の中にいる子供を本当に自分以外にバトンタッチできるでしょうか。

男性は産みたくても産めないですし、女性はキャリアを諦めたくない反面、お母さんの理想像があるはずです。どちらが大変かではなく、どちらも大変ですし、どちらも子供を愛していることを理解しましょう。

仕事帰宅後や休日の家事育児は平等にできる?

「平等」と感じて納得することは難しいと考えます。例えば、寝かしつけをするにしても、ママならスムーズに寝かしつけられるのに、パパなら2時間かかったなんてケースもあるでしょう。

スポンサーリンク