義実家が近すぎ!近所に住む義親への不満…上手な付き合い方は?

姑に不満な女

孫は目に入れても痛くないなんて言うほど、じいじばあばにとって孫は可愛いものです。実家近くに住んでる方、遠くに住んでいる方、色々な状況があると思いますが、自分の親とは違って旦那の親との付き合いは何かと不満を感じてしまうことが多いのではないでしょうか。

もう少し旦那が中和してくれればいいのにと思うのですが、我が家の義親付き合いをご紹介します。

スポンサーリンク

近くに住む義親

我が家は旦那側の実家から徒歩圏内に住んでいます。気さくで優しいお義父さんとお義母さんですが、やはり他人。距離を保って付き合いたい私と、もう家族なんだから気を使うなと言う義親。気を使うなと言っても、では、こちらが用がない限り連絡してこないで下さい!とは言えないですし、一度溝が出来ると簡単に埋めることなんてできないでしょう。

気を使わないのと、関わりたい関わりたくないのとは違う話です。私は必要以上に関わりたくないので、関わりたいから気を使わないでという感覚の義親とはそもそもの論点が違います。

イベントごとに長時間関わるのがしんどい

子供の誕生日、節句のお祝い、七五三、入園、入学、クリスマス。何かしてあげたいと思ってくれることは本当に有難いです。

でも、誕生日だから一緒に買いに行こう、七五三だから写真館のお金は出すよと言う義親。買いに行くためにトイザらスに行き、一緒に食事をし、実家に帰って団らん…とイベントごとに丸一日一緒に過ごすのがしんどいです。。。

七五三の写真、ハッキリ言って私は子供だけのショットと家族写真が一枚あれば充分なのに、義親とのショットを撮る時間のせいで欲しい写真を撮る時間が短くなります。狭いスタジオアリスの空間に、大人4人で子供をあやす効率の悪さ…疲れます。クリスマスには、サンタより高価な物をプレゼント。

ランドセルを買ってくれるのは有難いけど、義親の趣向に合わせるのは辛い。。。親として、6年間恥ずかしくない物を吟味したいです。

買ってくれるだけとても有難い話なのはわかるのですが、そのために関わる時間がとってもしんどいので、お金だと嬉しいなぁ〜〜〜なんて……言えません(T-T)

義母にとっては親切でも私には監視

義父は既に定年退職しているので、毎日ヒマなお二人。朝と夕方の散歩が日課です。その散歩コースが問題なのですが、あえて我が家の周りをコースにしているようです。

スポンサーリンク