子どもへのご褒美ってあり?なし?何がいい?メリットとデメリット

家族

子育てをしていく中で子どもが素直に勉強やお手伝い、お片づけなどをしてくれればいいのですが、そうはいかないのが現実です。

多くのお母さんが、子どもにやる気を出させるためにご褒美作戦を実行しようか悩んだことがあるかと思います。しかしご褒美はよくない!と言う意見も聞きますよね。でもやり方次第ではご褒美もアリなんです!

この記事では、ご褒美のやり方などについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ご褒美を与えることでのメリット、デメリット

ご褒美をあげるメリットは、お母さんがしてほしいお手伝いやお片づけ、勉強などに対して、子どものやる気を出させることができる点です。

なかなか言葉で「○○をやろう」、「○○をしてくれる?」と言っても、子どもが全くやる気がなければしてくれません。勉強だってやりなさいと言えば言うほどやってくれなかったりします。

そんな時にご褒美をあげることでやる気を引き出すことが出来ますし、達成感も感じられるメリットがあります。では逆にデメリットは、ご褒美を貰うことに慣れてしまう、当たり前になってしまう点です。

最初はお手伝いやお片づけをしたらご褒美が貰えると思っていたけど、次第にご褒美が欲しいからやる…になってしまいます。しまいには、ご褒美が貰えないならやらない!となる可能性や、ご褒美の内容に対して文句を言ったり指示してきたりする場合もあります。

ご褒美の使い方

大人でも社会に出ればご褒美はたくさんありますね。頑張れば昇給するし、賞与や昇進などもご褒美のようなものです。子どももご褒美は使い方によっては上手にやる気を出させることができるんです。

まずご褒美をあげるのに多いのが、

  • 「テストで○○点取れたら!」
  • 「ちゃんと最後までお片づけしてキレイになったら」

などの“結果”に対してご褒美を与えることです。しかし、上手なご褒美の使い方は、

「○○ページまで勉強をすることができたから」

スポンサーリンク