タブレット学習って紙での学習より効果あるの?メリットとデメリット

タブレット学習する子供

今、タブレットを利用した学習教材を提供する会社が勢いを増しています。

手軽で、少しのスキマ時間を活用して学習することができるため、学習の習慣がつきやすいばかりか、自動採点や弱点分析、学習の進捗管理など機能の充実から、紙での学習より高い効果まで得られるという評判です。

ただ、親世代にとっては経験のない勉強法のため、学習効果が得られるのかどうかを疑問に思うのも無理のないことだと思います。そこで、タブレット学習のメリットやデメリットを整理してみたいと思います。

スポンサーリンク

タブレット学習のメリット①子どもの興味を引くことができる

机に向かって教科書やドリルで学習するのが苦手、集中力が続かないという子どもには、タブレット学習は効果的だと思います。

子どもにとって、タブレットはゲーム感覚で操作できるツールですので、タブレット学習に変えることによって、学習に対して前向きになってくれる可能性があります。

また、タブレットで自発的に勉強するようになれば、3日坊主に終わることもなくなります。

タブレット学習のメリット②音や動画で勉強することにより、脳に残りやすい

当然ですが、タブレットは、紙での学習と違い、音声や動画などの解説があります。人間は、紙からの視覚的刺激のみで学習するよりも、音声などの聴覚的刺激を交えて学習する方が、記憶に残りやすくなります。

また、動画で学習することで、授業や実験などでできる学習を疑似体験できますので、これによっても学習効果が高まります。

タブレット学習のメリット③教材が不要となるため、場所や時間を選ばずできる

これも当然ですが、教材はすべてタブレット1台に入っていますので、教材がかさばらず便利です。また、タブレットさえあればいつでもどこでも学習ができますので、場所や時間を選ばずに済みます。

通塾や勉強机に向かうだけで嫌がったり集中力を失ったりする子どもにとっては、学習に向かうハードルが下がるという意味でとても効果的です。

いいことばかりではない!タブレットのデメリットも考える

ここまでタブレット学習のいいところばかり紹介しましたが、当然いいことばかりではなく、従来の教材学習に比べてデメリットもあると思います。

タブレット学習のデメリットをいくつか挙げてみたいと思います。

タブレット学習のデメリット①書くことをしないため、頭に残らない

皆さんも経験があると思いますが、学習には、情報の記憶だけでなく、実際に作業することによって身につくという側面を持つ教科があります。

スポンサーリンク