一対二になる…。こんなときどうする?2人目育児のコツ

子供と赤ちゃん

2人目の妊娠が発覚したのは、上の子が1歳半のころでした。2歳差を希望していたので念願の妊娠でしたが、いざ出産を控えてくると疑問がふつふつ。

我が家は基本的にワンオペ育児です。実家も県外なのでそうそう頼れません。必然的に育児はほとんど自分でしなければならないのですが、今まで一対一でやってきたことが全て一対二になる…。全く想像がつきません。

一抹の不安を感じつつ、まぁなんとかなるだろうと出産に臨み、いざ2人目育児が始まりました。今回はそんな二人目育児について、私の経験を元に紹介していきます。

スポンサーリンク

手が足りない!

一ヶ月の里帰りを終え、自宅に帰宅してまず思ったのが、とにかく手が足りない。寝不足と頻回授乳でボロボロになりながらも、とにかく上の子のお世話はなんとかこなしていましたが、家事がほとんどできませんでした。

夫のご飯づくりはもちろん、毎日の掃除なんてとてもじゃないけどできません。かなり早い段階で、毎日きちんと家事をすることは諦めました(笑)

最低限ゴミが散らからないレベルを保ちつつ、おもちゃの片づけなんかも放棄していました。夫にもできるだけ自分のことは自分で、をお願いしていました。

お風呂、どうする?

2人目出産で一番気になっていたのが、お風呂。下の子がねんね期のときはベビーバスを利用して、期限が良く、かつ手の空いたタイミングで入れることにしていました。

毎日規則正しい生活リズムをつけるべきなのはわかっていましたが、実際やってみると「この時間に入れなければ!」という縛りがストレスになり、自分がイライラしてしまうので私には無理でした。

夜に上の子と二人で入るときには、出来るだけ寝ているタイミング、無理ならメリーを回して音楽をかけながら、すごい勢いで洗って済ませていました。あまりにも泣く日は、ぎりぎりまで抱っこして、脱衣所にマットとバスタオルを引き、そこでたまにドアを開けて様子を見つつ…ととにかく慌ただしかったです。

スポンサーリンク