子供の写真はどう保存している?色々増えてきている保存方法

写真を撮る子供

子供の成長を写真に収めたいと思っている親はたくさんいます。一昔前までは、カメラで撮って印刷するという選択肢一択だったのに対して、現代では様々な保存方法が出てきています。

子供の写真の保存方法に迷っているという方のために、様々な保存方法のメリットとデメリットについてまとめてみました。

スポンサーリンク

子供の写真の保存方法1.写真としてプリントする

子供の写真の保存方法の1つ目は、写真としてプリントアウトするという場合です。昔ながらのやり方と同様に、カメラで撮った写真を現像して写真立てやアルバムに保存するという方法です。

写真としてプリントするメリットは、形として残すことができるというところです。絶対に失くしたくない思い出だからこそ、形として残すということは安心できます。さらに、最近では気軽に取ることができるスマホのデータも写真としてプリントアウトすることができます。

写真としてプリントアウトするということは、とても気軽にできる保存方法でありコンビニでもプリントすることができます。スマホ1つあれば簡単にできるのでおすすめです。

デメリットとしては、かさばるということです。小さい頃からすべての写真をプリントアウトするとなると、かなりの量になってしまうということが見込まれます。絶対に失くしたくない思い出だからこそ、なかなか整理のしようがなく増えて行ってしまいます。

子供の写真の保存方法2.フォトブックを作る

子供の写真の保存方法の2つ目は、フォトブックを作るという方法です。最近とても増えてきているのが、自分で撮った写真を好きなように当てはめて、フォトブックを作るという方法があります。

この方法の最大のメリットは、自分で好きな写真のチョイスやレイアウトができるという点です。写真をプリントアウトまではしなくてもいいけど、何枚かのお気に入り写真があるという場合、フォトブックを作ることでお気に入りのものだけを形として残すことができます。

写真をプリントアウトするよりも場所を取らず、見た目もおしゃれです。サイズも文庫本サイズから絵本と同じようなサイズ感のものまでたくさんあるので、自分の好みに合わせてつくることができるという点も、フォトブックのメリットです。

スポンサーリンク