いつからオムツとバイバイできるかな?対処法は?オムツ離れのコツ

オムツとぬいぐるみ

オムツ離れがなかなか上手に出来なくて困ってしまっているママもいると思います。ついつい方に力が入ってしまい子供にもそれが伝わり余計にオムツ離れが出来ない子供もいるのではないでしょうか?

子供のペースに合わせたオムツ離れを見つけていきましょう。

スポンサーリンク

オムツ離れするまで見守ってあげましょう

トイレではなくてオムツでおしっこやウンチをしていた子供がトイレに行こうとすることはとても大きな成長です。

赤ちゃんの時は反射的に出るもので尿意を感じることはありません。しかし、成長と共に膀胱でおしっこをためることが出来るようになって尿意が分かるようになってくるのです。

このように成長して出来上がった体の機能をコントロールしてトイレに行くということは子供にとっては自立への一歩になります。

オムツからトイレへの切り替えを考える親御さんは子供が3歳くらいの時期からおおよそ個人差はありますが6ヶ月ほどかけてオムツ離れをさせているケースが多いです。今は成長の途中と暖かい気持で気長に見守ってあげることが大切です。

子供のペースに合わせてはじめるおむつはずれ

おむつ離れを考えなじめている親御さんもいると思いますが、どのタイミングではじめたらいいのか分からない方もいると思います。いくつかの発達状況をあげてみます。ので全部クリアしているお子さんはオムツはずれのタイミングです。

まず、一人で立つことが出来るかです。歩けるかどうかは尿意を感じる機能が育ってきたかの一つの目安です。次におっしこの間隔が2~3時間あいているか。オムツはずれにはしっかり貯めてから出すことが大切なのでこの機能が整っているのか確認してみましょう。

そして、最後は子ども自身が自分の気持を言葉やしぐさで伝えられることができるか。この3つが出来るようになって入れはオムツはずれをはじめるタイミングを迎えられています。

ゆったりとはじめる基本ステップ

子供の発達によってはじめればいいことは分かっていただけたと思いますが、どうやって進めていけばいいのか分からない方もいると思います。そのために基本的なステップを紹介します。

スポンサーリンク