赤ちゃんが生まれてから1ヶ月検診までにやるべきこととは?

夫婦と赤ちゃん

無事出産を終え安心するのもつかの間、赤ちゃんが生まれるとやることが山ほどあります。特に退院から1ヶ月検診までの間には子育てはもちろん、様々な手続きなどもありゆっくりしている暇などありません。

そこで、ここでは赤ちゃんが生まれてから1ヶ月検診までにやるべきことをご紹介します。

スポンサーリンク

退院の際に必要なものとは?

退院する時、赤ちゃんは記念撮影などをすることもあるのでセレモニードレスが必要になります。冬の場合には寒さ対策におくるみなども準備しましょう。車で移動する場合はチャイルドシートは必須です。事前に取り付け、使用方法などもしっかり確認することをおすすめします。

ベルトの調節などは説明書をよまなければわからないこともあるので、あらかじめ車に置いておくといいでしょう。

帰宅してから必要となる物としては、哺乳瓶を消毒するためのアイテムは一式揃えておくことが重要です。母乳が充分に出ている場合でも、搾乳などをした際には哺乳瓶を使うので、準備をする必要があります。

ほかには命名紙なども帰宅後すぐに使う場合が多いので、飾る際のフレームなどと合わせて購入しておくことがおすすめ。

出生届、児童手当の申請に必要なものとは?

出生届は赤ちゃんが生まれてから14日以内に提出しなければなりません。用紙は病院からもらうので自分で準備する必要はありません。提出する際に必要となるものは、出生届と出生証明書、母子手帳、印鑑です。出生届を提出する際には児童手当の申請も一緒に済ませましょう。

その際に必要なものは、印鑑、申請者の健康保険証のコピーと普通預金通帳、市町村によっては厚生年金加入証明書も必要な場合があります。

スポンサーリンク