近年親のモラルが低下していると言われる原因とは?

モラル

スマホの普及によって子供との関わり方に変化がみられる近年、親のモラルの低下がささやかれています。小さい子供から目を離し、スマホに集中している親はよく見かけますよね。そうした行動が原因で世間に悪い印象を与えている可能性があります。

では具体的にどのような行動によってモラルが低下していると思われてしまうのでしょうか。

スポンサーリンク

そもそもモラルってなに?

モラルには道徳や倫理といった意味がありますが、具体的にイメージするのは難しいですよね。ルールやマナー、エチケットなどと区別がついていない方も多いのではないでしょうか。

実際それらとモラルには大きな違いがあります。ルール、マナー、エチケットは人が作った決まりだったり、法律を意味します。

一方モラルとは無意識のうちに善悪を判断することを指すので、人それぞれ価値観が違うことからその捉え方は難しいのです。そのためいくらモラルの低下が世間で話題になっても、反発が生まれることが多い傾向にあります。

SNSに勝手に写真を投稿する

ネット社会という影響もあり、SNSに依存している親が非常に多くみられます。自分の子供の写真などを投稿することが当たり前になりつつあり、さらには他人の子供が写っているものまで許可なく投稿するといった問題も起きています。

芸能人の盗撮の投稿なども問題となっている近年、そうした行動がモラルの低下を印象付ける大きな原因となります。

制限などをせず誰でも見られる状態で子供の写真を投稿することは事件に巻き込まれることなどを恐れ、抵抗を感じる方もいるので勝手な投稿はモラルに反することです。

SNSが身近になり過ぎていて感覚が麻痺してしまっている方は、今一度自分の行動を見直す必要があると言えます。

とにかくどこでも写真、動画の撮影!

モラルのない親のエピソードとして非常に多く言われているのが、泣いている子供や痛がっている子供の写真や動画を撮影する行為です。

スポンサーリンク