育児に口出しするおせっかいな姑への対処法

怒るおばさん

育児を行っていると育児経験者のアドバイスは非常にありがたいのですが、あれやこれやと育児に関していちいち口出しをしてくるのは嫌ですよね。

そんな育児に口出しをしてくるのが姑だった場合、あまり無下にもできませんし、口出しをしないでほしいと面と向かっていうのも気が引けてしまいますよね。そんな育児に口出しをするおせっかいな姑への対処法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

一応頷いておく

姑からすれば可愛い孫の事を思って一生懸命言ってくれています。そんな姑の気持ちを汲み取ってあげると冷たく拒否をするのも気が引けてしまうというママは、姑の話を笑顔で「はいはい」と聞いてあげましょう。

もちろん命に関わるようなことや、どうしても譲歩できないようなことは止めないといけませんが、ちょっとくらいなら目をつぶれそうと思うことならグッと我慢して笑顔で話を聞いてあげてみてはいかがでしょう。

「そうなんですか」「勉強になります」「さすがですね」この言葉を繰り返しておけば、姑もいい気持ちになってくれるはずです。

目にあまるようなひどい育児への口出しでないのならば、少しだけでもいいので話を聞いてあげる心をもってあげてはいかがでしょう?きっとその優しさは姑との距離を縮めて、姑を味方にするいいきっかけとなるはずですよ。

育児書で対抗する

姑が育児を行っていた時から現在は20年以上経っている人がほとんどですよね。そんな20年も前の医学と現代の医学ではずいぶん違っているはずです。そのため姑が語る常識は今の育児に当てはめたら非常識である可能性はとても高いですよね。

そんな時代遅れの育児を一生懸命主張する姑ならば、現代の育児書や医学書、さらには医者の診断書を使って対抗しましょう。

スポンサーリンク