いつからできる?ベビースイミングの効果は?意味ない?赤ちゃんの水泳のメリット・デメリット

ベビースイミング

赤ちゃんからできる習い事のひとつとしてベビースイミングがあげられます。赤ちゃんはお腹の中で羊水にプカプカ浮いていたから、水に入ることは自然なことなどと言われることがありますが、ベビースイミングにはどのような効果があるのでしょうか?

今回はベビースイミングのメリット・デメリットなどについてまとめてみます。

スポンサーリンク

ベビースイミングとは?

スイミングといっても、ベビースイミングは泳ぐことを目的としたものではありません。ママが抱っこをしながらジャンプをしたりぐるぐる回ったり浮かんだり…水に慣れるための水遊びのような内容になります。

赤ちゃんが楽しく水に入れるように、オモチャを使用したり、いないいないばぁなどの手遊びや歌遊びなどもあります。ベビーヨガやベビーマッサージを兼ねているようなスクールもあります。

いつからはじめられる?

スクールによってまちまちですが、ベビースイミングは基本的に生後6か月からはじめられるようになります。筆者の通っていたスクールでは、生後6か月~3歳児と保護者2名までで1回45分、週1回で7500円、週2回で9800円といった内容でした。

ベビースイミングといっても細かな内容はスクールによりますから、気になることは事前に確認しておきましょう。

どのような効果がある?

筆者の通っていたスクールでは以下のような効果があるとされています。

  • 親子のスキンシップ
  • 免疫力アップ
  • 夜泣き防止
  • 精神安定
  • 水に対する順応性
  • ホルモンバランス改善
  • ママのダイエット
  • ママ友作り

免疫力やホルモンバランス、精神安定などについては個人差があるので、残念ながらすべてに効果があるとは言えません。

「効果が出ればラッキー」くらいの気持ちで、効果を期待するよりは親子でベビースイミングを楽しむことの方が大切かと思います。

ベビースイミングのメリットとは

上記にあげたような効果があるとすると、ベビースイミングのメリットはかなりある…ということになりますが、実際には水に慣れることと、親子のスキンシップ、母子ともに定期的な適度な運動ができること、友達づくり…などが誰もが感じられるメリットではないでしょうか。

また、長い目でみると、プールを続けることで心肺機能が上がり、風邪をひきにくい体になることも期待できます。また、ママの気分転換になること、赤ちゃんが同じ月齢の子どもと過ごすことで刺激を受けることなどはメリットと言えるでしょう。

スポンサーリンク