赤ちゃんを抱っこしたくない!そんな時にできる対処法

赤ちゃんとママ

苦労して生んだ子供はやはり可愛いですし、何があっても守りたいと思う存在ですよね。しかし連日の夜泣きによる寝不足や、日々追われる育児によって可愛いはずの我が子のことを見たくもなければ抱っこをしたくもないと感じてしまっているママもいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな赤ちゃんを抱っこをしたくないと思ってしまっているママができる対処法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

休息をとる

赤ちゃんを抱っこしたくないと感じているということはそれだけ疲弊してしまっているのが考えられます。あまりにも壮絶な育児と家事の日々に意識が朦朧としているのではないでしょうか?

子供の連日の夜泣きによって寝不足になっているのかもしれませんね。疲労がたまり、その中で寝不足まで重なってしまうとどんなに可愛い子供でも忌々しい存在に思えてしまうのです。

そんな日々の疲れで判断力が鈍っているママはまずは休息をとる方法を考えましょう。市の子育て支援サービスを利用するのもいいでしょうし、両親や義両親を頼るのもいいでしょう。

一人で子育てをしないといけない、人に頼るなんて絶対にしてはいけない。そんな気持ちになっているのかもしれませんが、疲れを抱えたまま子育てをしていても、赤ちゃんを抱っこしたくないと感じていることは事実ですし、疲弊しているのも事実です。ぜひ、休息をとる方法を冷静に考えるようにしましょう。

相談する人がいない

赤ちゃんを抱っこしたくないと感じているということは、赤ちゃんに対して何かの悩みを抱えているのではないでしょうか?

なぜ泣き続けるのかわからない、なぜ夜泣きがひどいのかわからない、なぜうまくいかないのかわからない、そんな一生懸命やっているのに何も報われない状況に赤ちゃんとどう接しているのかわからなくなってしまったのではないでしょうか。

スポンサーリンク