授乳服って必要なの?授乳に適した服の選び方

授乳

「授乳服って本当に必要なの?」、「何枚ぐらいあったらいいの?」など、初めての出産であれば色々分からないことが多いですよね。

今回はそんな疑問を持っている方へ授乳服についてのメリットとデメリットについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

授乳服とは

授乳服とは、その名の通り赤ちゃんに授乳する際に便利な授乳口がついた服のことです。サイズも豊富でワンピースタイプと上着タイプがあります。

身体にフィットするというよりかはゆったり着れる授乳服の方が多いと感じます。マタニティ服を取り扱っている店舗やネットで簡単に購入することができ、私服で着れるものからパジャマ用の授乳服もあります。

授乳服のデメリット

授乳服のデメリットは、まずは「慣れるまでやりにくい」ということ。授乳口から乳房を出して赤ちゃんに授乳するのですが、乳房の大きさや授乳口の位置などによって初めは乳房を出すまでに多少時間がかかります。

次に「授乳服の種類や取り扱っている店が少ない」です。なかなか自分好みの授乳服が無かったり、あったとしても値段が高かったり、ネットで注文したはいいがサイズが合わなかったりとなかなか自分にあった授乳服を見つけるのは難しいかも知れません。

最後に「断乳後の使い道がない」ということです。授乳する必要がなくなった後は授乳服を着る必要はありません。その場合、もったいなく感じてしまう方も少なくないようです。

授乳服のメリット

メリットとしては、「慣れれば授乳がしやすい」。新生児や乳児時期は夜間でも授乳することが多いですよね。その場合、授乳口付きのパジャマを着ていれば、授乳口から簡単に授乳することができます。

冬場であれば寒さを感じることなく授乳が可能です。次に「人目をあまり気にすることなく授乳することができる」。友達の前であっても授乳口から授乳することができるので露出を最小限に抑えることができます。

最後に「着心地がいい」ということです。授乳服は普通の服の比べてゆったりしているのでお母さん自身がストレスを感じにくく快適に過ごすことができます。

授乳服の代用

授乳服が無くても特別問題はありません。例えば、「前開きタイプのシャツで授乳時に乳房部のみ開ける」や「授乳の際に服を捲り上げてクリップや洗濯バサミで留める」ことで簡単に授乳することが可能です。

スポンサーリンク