この特徴に当てはまれば要注意!悩みを相談してはいけないママ友の見分け方

言い合う女

子育ての悩みや不安を共有するには同じ子育てをしているママ友が一番気持ちをわかってくれますし、共感してくれるもっとも近い相手となりますよね。そのため、何かあった時やトラブルに見舞われた時に、ママ友に相談をするというママも多くいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、ママ友も様々な人がいますので、相談をしてもいいママ友、相談してはいけないママ友というのもいます。今回はそんな相談をしてはいけないママ友の見分け方をご紹介します。

スポンサーリンク

口が軽いママ友

一緒に話をしていて、聞いてもいないのに他のママ友の秘密をぽろぽろと話すママ友や「誰にも言ったらだめだよ?」が口癖のママ友は、あなたが相談したことも他のママ友に話してしまう危険があります。

もちろん、誰かにバレても問題のない相談や愚痴ならいいでしょうが、誰にも言ってほしくない内容や、あまり広めたくない話題を口が軽いママ友に相談するのはかなりのリスクが伴います。

口が軽いママ友の中にも、本当に話してはいけない内容をわきまえる方もいらっしゃるでしょうが、口が軽いママ友に相談をするのは、自分の相談や愚痴はほかの人に筒抜けになるということを覚悟するようにしましょうね。

持論が強いママ友

相談をするのに適している相手というのは、その人の話をしっかりと聞いて認めてくれた上で意見を言ってくれる人のことを言います。

逆に人の話を最後まで聞かなかったり、他の人の意見を聞かずに自分の持論を展開するママ友の場合は相談していたはずが、いつのまに持論が強いママ友の講演会を聞いているような状態になってしまいます。

そのようなママ友に相談をしても解決策が見えるどころか、話を聞いてもらうはずがいつの間にか話を聞く側に回ることになりげっそりとしてしまう展開になるかもしれません。

スポンサーリンク