こんなあるあるに思わず共感!息子のことを男の子だなぁ~と思う瞬間

ギターを弾く子供

現在2歳半の息子を見ていると、小さくてもしっかり男の子なんだな〜と思うことがあります。私自身が小さい時にやらなかったことなので、「それって楽しいの?」と思うようなことをしていて見ていると面白いですよね。

そんな息子の“The男の子”な行動をご紹介します。きっと男の子のママには共感してもらえるものがあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

とにかく棒状のものが好き

外に行けば長い木の枝を拾い、家の中ではおもちゃの刀やペン、お玉など棒状になっているものを持ちたがります。持って歩いたり、トントンと叩いたり、杖のようについてみたり…。おじいちゃんの尺八を勝手に持ち出してトントンとソファーを叩いていた時には、こちらが「やめて〜」と焦ってしました。

置いておけばいいのでは?と思う場面でも大体しっかり持っていて放さないので、持っていると落ち着くのでしょうか。大昔に男の人は狩をしていたから、槍を持って獣を追いかけていた名残かな〜?と思って見ています(笑)。

車が大好き

きっかけはパパも車好きで、トミカなどのおもちゃを買ってあげることが多かったからかもしれません。テーブルやソファー、棚などの上を「ブーン」と言って走らせたり積み木のトンネルの下をくぐらせたりして遊んでいました。

最近では並べるのが好きなようで、床に並べたと思ったら今度はテーブルに並べるということを繰り返しています。出しっぱなしで邪魔だからと思って片付けると怒るので、コレクションを眺めているような気分なのでしょうか。

車に乗って外を走っていると、「○色の車!」「ショベルカー!」などと言いながら楽しそうに見ています。そして1番の息子のお気に入りは消防車と救急車です。消防署の近くを通ると必ず「あっち(消防署の方に)行く!」と言って遠回りをさせられます。

新幹線も好き

知り合いのお子さんのお下がりでプラレールをいただいたのですが、最初はまったく興味を示しませんでした。それどころか怖がって泣いてしまい、私は「男の子といえばトミカとプラレールじゃないの!?」と驚きました。

スポンサーリンク