メルカリなどのフリマアプリの活用法と注意点

スマホでショッピング

目まぐるしく成長する乳児期や幼児期ですが、不用品や中古品をフリマアプリで検索したことがある方も多いのではないでしょうか。

とくに使う期間が短いものや高額なものは新規で購入することを悩みますよね。そんな時、フリマアプリが役に立つのですが、売買取引は自己責任である部分も大きいので注意をしながら活用しましょう。

スポンサーリンク

フリマアプリの種類

有名どころのフリマアプリだと、メルカリ、ラクマ、ヤフオクがあげられます。メルカリではメルカリアッテ(会って商品の受け渡し)やメルカリカウル(書籍などの取引)が展開されています。

ラクマに関しては、旧ラクマとフリルが統合し新ラクマとして終着しました。ヤフオクはオークションと合わせた検索も可能になり、定額制のフリマアプリとしても展開しています。

アプリ側の手数料がかかるか、かからないかが一番のポイントかとは思いますが、手数料がかかってもフリマアプリ市場ではメルカリが一番ユーザが多く、商品数も取引数も群を抜いています。

フリマアプリの活用法

使い方は単純で、出品者は商品の写真を撮って商品説明とともに値段設定をして出品する、購入者は欲しい商品を検索して商品の質問や値段交渉をしたのち購入するという流れです。

子供関連の商品に関しても大いに活用できます。買う、使う、売る、売れた売上金で買う、この流れです。フリマアプリといえばお小遣い稼ぎのイメージがあるかもしれませんが、売上金をそのまま購入時に使える事がメリットだと思います。

例えば、80サイズの服を購入し使用します、サイズアウトしたので出品し売れたとして、今度はその売上金で90サイズの服を購入できます。いらないものを売って、必要なものを買う、このわかりやすいループは、目まぐるしい成長で不要なものや必要なものがどんどん入れ替わる時期には非常に助かります。

また、捨てるには躊躇するブランドのベビー服などを必要な方が活用してくれると思うと嬉しいと思いませんか。

フリマアプリの注意点

対面売買のフリマと違って、ネット上で取引を行うフリマアプリは、手軽な点は良いのですが注意すべき点も多いです。まず、商品を写真で判断するという点。もちろんコメントのやりとりで質問をすることもできますが、どんな相手がどんな状況下で使用したものか、またどんな理由で出品しているのかわかりません。

スポンサーリンク