赤ちゃんの初めての散髪!コツはある?上手に髪を切る方法

髪を切る子供

女の子は長く伸ばして結んであげればいいのですが男の子で長く伸ばして後ろで結んでいる子はあまり見かけないですよね。

男の子の場合襟足が少し伸びただけで首の後ろや肩の部分が痒くてかいてしまう子も多いと思います。そのため基本的には後ろから見て襟足が肩にふれない程度の長さを保ってあげると痒くならずいいでしょう。

そして小さいうちは髪を自分で流したり耳にかけたりできないので前髪は男女共通で目に入らない長さを保ってあげましょう。

スポンサーリンク

自分でも上手に髪を切ってあげるための工夫とポイント!

美容師ではない自分が人の髪を切るのは怖いですよね。しかもまだじっと座っていられない赤ちゃんとなるとより一層難しく感じると思います。そんな赤ちゃんの髪を切る時の工夫とポイントを紹介します。

まずは道具を揃えましょう!くしとはさみが必要なことは誰でもわかりますよね。それとプラスして「すきばさみ」を用意しましょう。

これが一本あるだけで仕上がりが格段によくなります。普通のはさみだと素人では切りっぱなしになってしまいますがすきばさみを使うことで切りっぱなし感がなくなりますし髪が多い子は軽くすることができます。

そして大人しく座っていられない子の髪を切るときはお昼寝をしている時に切りましょう。寝ている子の頭の下に新聞紙などをひいて切ることでゆっくり集中して切れますよ!

スポンサーリンク