裁縫が苦手でも大丈夫!簡単に入園・入学グッズが準備できる方法

はさみとフェルト

アイロンでくっつけるタイプのワッペンは洗濯しているうちに剥がれてきてしまうので、せっかくの可愛いワッペンもそれでは台無しです。しっかり縫い付けてあげましょうね。

スポンサーリンク

キットを購入して手作りに挑戦してみる

入園・入学シーズンが近づいてくると手芸店などには気軽に手作りグッズが作れるキットが並びます。筆者個人の見解ですが、1からグッズを作る時に一番難しいのは正確に生地を裁断する事ではないでしょうか。

キットの場合、順番通りに縫うだけで完成するので、初心者や裁縫が苦手な方でも気軽にチャレンジできると思います。

デメリットとしてはデザインや柄などが決まってしまっているので、お子さんの好きなキャラクターなど作りたい柄が決まっている場合は、その柄が必ずしも見つかるわけではないという事でしょうか。

人気のキャラクターなどはたくさん出回ると思うので、手芸店で見つからなかった場合は通販なども活用して探してみて下さいね。

布用ボンドで作ってみる

布用ボンドは物によってはとても強力にくっつくので、お子さんの通園バックや上履き入れなど縫わなくても作れてしまいます。

手芸店に行くと大体置いてある、「裁ほう上手」は強力にくっつくのでおすすめですよ。ワッペンなどもくっつきますが、貼り付ける面積が小さいと何度か洗濯をしているうちに剥がれてきてしまうので、小さいものは手縫いでくっつけて下さいね。

手芸店で作ってもらう

お気に入りの生地とサイズやデザインを伝えると代行で作ってくれるサービスをやっている手芸店は多いです。

自分で作るよりは値がはりますが、忙しくて時間に余裕がない、手作り指定の園や学校などに通うけど裁縫が苦手…などという場合はとても便利なサービスですよね。

入園・入学準備も楽しく乗り切ろう!

いかがでしたでしょうか?工夫次第で憂鬱なグッズ作りも乗り越えられそうな気がしてきませんか?心に余裕をもって新生活を迎えられるといいですね。

スポンサーリンク